このページを印刷

フルーツホイップダッチベイビーのレシピ

20200526_c_レシピ_ダッチベイビー_フルーツホイップダッチベイビー

こんばんは、ゆり子です。
この記事では「フルーツホイップダッチベイビー」のレシピについて掲載してます。

カリカリ、フワフワ、モチモチ、3つの顔を持つ不思議なパンケーキ。
それが「ダッチベイビー」です。

今回はダッチベイビーシリーズ第6弾!
フルーツと生クリームを使ったスイーツ系ダッチベイビーです。

いろんな種類のたくさんのフルーツがゴロゴロと乗った見た目にも豪華で華やかなダッチベイビーです。
早くしないとダッチベイビーの熱んで生クリームが溶けちゃう。
時間との勝負、でも溶けた生クリームをソースにして食べるのもあり?
そんなフルーツとホイップクリームもりもりのダッチベイビー。

それでは早速レッツクッキング!!

フルーツホイップダッチベイビーのレシピ

カテゴリ
ダッチベイビー
準備時間
5分
調理時間
20分
合計時間
25分

完成_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

ダッチベイビーのアレンジです。
いろんなフルーツとホイップクリームをたっぷり使ったスイーツ系のダッチベイビーです。

材料(1人分)

  • 薄力粉
    35g
  • 牛乳
    50cc

  • 1個

  • 一つまみ
  • バター
    適量
  • カットフルーツ
    お好みの量
  • ホイップクリーム
    お好みの量
  • 粉砂糖
    適量

材料_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

フルーツは市販のカットフルーツの盛り合わせを使用しています。
ホイップクリームは泡立て済みの絞るだけタイプのものです。
自分で泡立ててもOKです。

作り方

1. オーブンを予熱する

予熱をする_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

オーブンを220℃に予熱します

2. 生地を作る

生地を混ぜる_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

ボウルに卵・牛乳・塩を入れて泡だて器でよく混ぜます

薄力粉を加える_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

薄力粉をふるい入れ、だまが無くなるようによく混ぜ合わせます

3. スキレットを温める

スキレットを温める_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

スキレットをコンロの火にかけて温めます
バターを入れて溶かし、スキレットの前面にバターが回るように伸ばします

4. 生地を焼く

生地を流して焼く_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

バターが溶けたら生地を流し入れ、スキレットを天板に乗せ換えてオーブンに入れます
220℃で約15分焼きます

焼き上がり_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

ふわっふわに膨らんできたら成功です

熱したスキレットはめちゃくちゃ熱いのでやけどに気を付けてください!
オーブンで焼いている途中に気になるとは思いますが絶対に扉を開けないでください!しぼみます!

5. 盛り付けをする

盛り付け_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

ダッチベイビーの粗熱が取れたらカットフルーツを盛り、ホイップクリームを絞ります。

仕上げに粉砂糖を茶こしで全体にまんべんなく振りかけたら完成です

フルーツホイップダッチベイビーが完成

完成_フルーツホイップダッチベイビー_2020-05-21

フルーツはスーパーで市販されているいろんな種類が入ったカットフルーツを使いました。

オレンジ、パイナップル、キウイ、メロン、ブドウ、イチゴです。
いろんな種類のフルーツがいっぱい入ってていろんな味が一度に味わえるのがうれしい。
そしてなんとも豪華なダッチベイビーです。

食べた感想

生クリームは熱に弱いので、絞ってからは時間との勝負です。
生クリームが溶け切る前に急いで粉砂糖をふっていただきます。
甘い。うまい。

フルーツとクリームって間違いないじゃないですか。
ケーキにしてもパフェにしても、いろんなスイーツでフルーツと生クリームって使われてきてますよね。
ほんと最高のコンビネーションです。
果物のフルーティーさと生クリームのとろける甘さの融合です。

フルーツいっぱいなので甘いけどむつごくはありません。
固めのクリームをダッチベイビーに乗せて食べても美味しいし、ちょっと溶けてきてとろっとなっているのをソース代わりにしてフルーツとダッチベイビーで食べても美味しい。

ホイップでこんだけおいしいならバニラアイスも合いそうな気がします。
今度試してみたいと思います。

作ってみての感想

今回ホイップクリームは市販のホイップされているものを使用しました。
キャップを外して絞るだけでいいので簡単時短でかなり楽ちんです。
泡立てる手間もいりません。

もちろん自分で泡立てても良いです。
自分でホイップすると砂糖の量を調節できるのでお好みの甘さに仕上げれるし、硬さも調節できます。
また、ジャムとかを入れたイチゴホイップやブルーベリーホイップも作れるので、見た目にも華やかになるのでそれも楽しいと思います。

この辺はお好みでお好きな方を選択していただけたらと思います。

ちなみに市販のホイップされているものを購入する際にあたくしが目安にしているのが絞り袋の形状です。
ボトルタイプと袋タイプの2種類が主流かなって思います。

どちらも使ったことがあるのですが、袋タイプの方が絞ろうと握ったときの手の馴染みが良かったように思います。
なので、ホイップされたのを購入するときは袋タイプをよく購入しています。
あくまで個人的な意見です。

また、今回作る際のフルーツはスーパーで市販されているカットフルーツの盛り合わせを購入しました。

フルーツ1個1個購入して、いろんな種類のものをってなると結構高額になるし、使いきれずに余らせてしまいますよね。
そういう時に便利なのがカットフルーツの盛り合わせです。
一見するとちょっとお高いかなって思ったりもするのですが、いろんな種類を1個1個買って余らすことに比べたら経済的でお得なんじゃないかなって思います。

食べきれるちょうどいい量で以下もいろんな種類のが適度に入っています。
しかも皮むきやカットもされているので、面倒な手間が省けてお手軽らくちんです。

ダッチベイビーって何?

ダッチベイビーというのは、オーブンで焼き上げたドイツ風のパンケーキのことです。

生地は端っこはサクサク、側面はふわふわとしていて、シュークリームの皮に近い感じかな。
底の部分はモチモチとしたクレープ生地のような食感が楽しい、1度で3つの新食感が楽しめる不思議なパンケーキです。

詳しくはダッチベイビーの作り方を初めての方向けに解説の記事に書いているのでそちらをご覧ください。よくある失敗と対策なども併せて書いています。

ダッチベイビーのバリエーション

シンプルな味付けのパンケーキだからこそフルーツや生クリーム、アイスなどを乗せたスイーツ系ダッチ―ベイビーやベビーリーフや温玉、ハムなどを乗せた食事系のサラダダッチベイビーなどバリエーション豊かなダッチベイビーが作れます。

これからいろいろ作っていく予定です。
作ったものはまた追記していきます。