このページを印刷

温玉ベビーリーフのダッチベイビーのレシピ

20200520_d_レシピ_温玉ベビーリーフのダッチベイビー

こんばんは、ゆり子です。
この記事では「温玉ベビーリーフのダッチベイビー」のレシピについて掲載してます。

カリカリ、フワフワ、モチモチ、3つの顔を持つ不思議なパンケーキ。
それが「ダッチベイビー」です。

今回はダッチベイビーシリーズ第2弾!
ということで、色々とアレンジしたダッチベイビーを作っていきたいと思います。

まずは食事系のダッチベイビーをと思いまして、ベビーリーフと温玉を乗せたサラダ系のダッチベイビーを作ります。

仕上げにシーザードレッシングをかけてシーザーサラダ風味でいただくダッチベイビーです。

それでは早速レッツクッキング!!

温玉ベビーリーフのダッチベイビーのレシピ

カテゴリ
ダッチベイビー
準備時間
5分
調理時間
20分
合計時間
25分

完成_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

ダッチベイビーのアレンジです。
ベビーリーフと温玉のサラダっぽいダッチベイビーです。

材料(1人分)

  • 薄力粉
    35g
  • 牛乳
    50cc

  • 1個

  • 一つまみ
  • バター
    適量
  • ベビーリーフ
    適量
  • 温泉卵
    1個
  • お好みのドレッシング
    適量

材料_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

バターは有塩、無塩どちらでもOKです。
ドレッシングはお好きなものを使ってください。
今回はシーザードレッシングを使ってシーザーサラダ風に仕上げています。

作り方

1. オーブンを予熱する

予熱をする_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

オーブンを220℃に予熱します

2. 生地を作る

生地を混ぜる_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

ボウルに卵・牛乳・塩を入れて泡だて器でよく混ぜます

薄力粉を加える_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

薄力粉をふるい入れ、だまが無くなるようによく混ぜ合わせます

3. スキレットを温める

スキレットを温める_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

スキレットをコンロの火にかけて温めます
バターを入れて溶かし、スキレットの前面にバターが回るように伸ばします

4. 生地を焼く

生地を流して焼く_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

バターが溶けたら生地を流し入れ、スキレットを天板に乗せ換えてオーブンに入れます
220℃で約15分焼きます

焼き上がり_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

ふわっふわに膨らんできたら成功です

熱したスキレットはめちゃくちゃ熱いのでやけどに気を付けてください!
オーブンで焼いている途中に気になるとは思いますが絶対に扉を開けないでください!しぼみます!

5. 盛り付けをする

盛り付け_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

ダッチベイビーの粗熱がとれたらベビーリーフを敷き詰め温玉の乗せます

お好みでドレッシングをかけたら完成です
今回はシーザードレッシングを使用しています。

温玉ベビーリーフのダッチベイビーが完成

完成_温玉ベビーリーフのダッチベイビー_2020-05-19

食べた感想

シーザードレッシングをかけていただきます。

淵の部分が良い感じにフワフワで大成功です。
ナイフを入れるとクシュッといういい音が鳴ります。
底のモチモチ加減もいい出来です。

ナイフでいい感じに切ってベビーリーフを巻きながら一口。
美味しい。
サラダ食べてる感じもしつつ、ダッチベイビーがパンとかクルトンとかの役割も担ってくれているから満足感のあるサラダランチって感じです。
温玉の黄身を崩して絡めてパクリ。
美味しいです。

シーザーサラダを食べてる感覚に近いです。
これはカリカリベーコンを入れればよかった。
ベーコンをカリッカリに焼いて入れたらさらに食べ応えも出るし旨味も増しそうです。
今度するときは追加投入して試してみたいと思います。

ダッチベイビー自体の味がシンプルで素朴な味付けなので、どんな食材にも合います。
今回のように濃いめのシーザードレッシングも普通に馴染むし、ベビーリーフの葉っぱの香りとも喧嘩しません。
むしろ焼き立ての小麦の香りとベビーリーフの葉っぱの香りが良い感じに調和して美味しそうな食欲を掻き立てる香りになっています。

ベビーリーフのパックの3分の2ほどたっぷり入れてみたのですが、美味しくてモリモリ食べれます。

なかなかボリュームのあるダッチ―ベイビーなのでランチなどのメニューに作ってみてはいかがでしょうか

作ってみての感想

ダッチベイビーは焼きたて熱々が美味しいのですが、これはあまり熱々すぎるとベビーリーフに火が通ってしにゃってなっちゃいます。
冷たく冷めすぎない程度に粗熱を取ってからベビーリーフを乗せるのがおすすめです。

ベビーリーフがしにゃってなると見た目も元気なさそうでおいしそうに見えないし、肝心の味も落ちちゃいます。
やっぱり葉物野菜はシャキッと元気そうなのが一番ですね。

粗熱が取れるくらいの多少冷めたくらいではフワフワモチモチ食感は無くなりませんでした。
ので、安心して粗熱を取ってから元気なベビーリーフで美味しく食べて下さい。

今回はシーザードレッシングを使ったのでシーザーサラダ風味になったのですが、ドレッシングの種類を変えると一味も二味も変わってきます。
クリーミーな感じのドレッシングだったら温玉のとろとろ感とマッチして美味しそうです。
マヨネーズでも合いそうです。

その時のお家にあるお好みのドレッシングでいろいろ試して楽しんでみてください。

ダッチベイビーって何?

ダッチベイビーというのは、オーブンで焼き上げたドイツ風のパンケーキのことです。

生地は端っこはサクサク、側面はふわふわとしていて、シュークリームの皮に近い感じかな。
底の部分はモチモチとしたクレープ生地のような食感が楽しい、1度で3つの新食感が楽しめる不思議なパンケーキです。

詳しくはダッチベイビーの作り方を初めての方向けに解説の記事に書いているのでそちらをご覧ください。よくある失敗と対策なども併せて書いています。

ダッチベイビーのバリエーション

シンプルな味付けのパンケーキだからこそフルーツや生クリーム、アイスなどを乗せたスイーツ系ダッチ―ベイビーやベビーリーフや温玉、ハムなどを乗せた食事系のサラダダッチベイビーなどバリエーション豊かなダッチベイビーが作れます。

これからいろいろ作っていく予定です。
作ったものはまた追記していきます。