このページを印刷

ダルゴナ抹茶のレシピ

レシピ_スイーツ_ダルゴナ抹茶

こんばんは、ゆり子です。
この記事では「ダルゴナ抹茶」のレシピについて掲載してます。

韓国グルメの一つで人気のダルゴナコーヒー。
牛乳の上にコーヒーの泡を乗せたおしゃれなドリンクです。
作り方はインスタントコーヒー、砂糖、水を1:1:1の割合でボウルに入れてふわふわになるまで混ぜたら牛乳に乗っけて出来上がりっている簡単なものです。

詳しい作り方はこちらから。

今回はそのダルゴナコーヒーのアレンジとして、抹茶の泡のダルゴナ抹茶を作りたいと思います。
抹茶はコーヒーと違ってそのままだとクリーミーなまでには泡立ちにくいので生クリームを使って泡を作りたいと思います。

それでは早速レッツクッキング!!

ダルゴナ抹茶のレシピ

カテゴリ
ドリンク
準備時間
5分
調理時間
5分
合計時間
10分

完成1_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

ダルゴナコーヒーの抹茶アレンジのレシピです。

材料(1人分)

  • 抹茶パウダー
    大さじ1
  • 砂糖
    大さじ1
  • 生クリーム
    大さじ4
  • 牛乳
    適量

材料_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

作り方

1. 抹茶クリーム液を作る

生クリームを温める_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

生クリームの半量を電子レンジ600wで10~20秒加熱して温めます

抹茶と砂糖を混ぜ合わせる_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

抹茶パウダーと砂糖を混ぜ合わせます

温めた生クリームを加える_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

温めた生クリームを加えてだまがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせます

しっかり混ぜる_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

しっかり混ざったら冷蔵庫で冷まします

2. 抹茶クリームを泡立てる

残りの生クリームを加えて泡立てる_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

冷たくなるまで冷ましたら残りの生クリームを加えて泡だて器やハンドミキサーでしっかりとあわだてます

泡立てた抹茶クリーム_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

▲の写真くらい軽く角が立つくらいしっかり立てた方が後で泡が崩れにくいです

3. グラスに牛乳を注ぐ

牛乳と氷をグラスに入れる_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

グラスに氷を入れて牛乳を注ぎます
大体グラスの7分目くらいまで注ぐのがおすすめです。

4. 抹茶クリームを乗せる

泡を乗せる_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

ゴムベラやスプーンを使って牛乳の上に乗せます
そーっと乗せないと牛乳とダルゴナが混ざってきれいな2層にならないこともあります

ダルゴナ抹茶が完成

完成2_ダルゴナ抹茶_2020-05-06

白い牛乳に抹茶のきれいなグリーンのホイップが映えますね。
抹茶のいい香りもします。

それでは早速いただきます!

抹茶の泡をすすりながら流れてきた牛乳も一緒に飲んでいきます。
濃厚な抹茶の味が来ます。
抹茶クリームが濃厚でクリーミーです。

抹茶の風味がぶわって来ます。
抹茶の味も濃厚だし、香りも良いです。
抹茶抹茶してます。

生クリームを使っているのでクリーミーさが際立ちます。
コーヒーよりもクリーミーで優しいお味です。

こちらはコーヒーの苦手な人にもおすすめです。
おしゃれなドリンクでおうちカフェタイムを楽しむにはもってこいだと思います。

作ってみての感想

しっかり泡立てるためにはめっちゃ泡立てる必要があります。
手動の泡だて器でもできるけど結構大変です。
電動のハンドミキサーがあると楽ちんで手早くできました。

今回は抹茶、砂糖、生クリームを1:1:4の割合でクリームを作っています。
より抹茶の風味が強いのが良い方は抹茶の割合を増やしたり、甘いのが良い方は砂糖の量を増やすなどしてみるといいかもしれません。
その辺はお好みのバランスで調整してください。

抹茶クリームを泡立てていたのですが、なかなか泡立ちが悪くハンドミキサーを使って作ったのにちょっと時間がかかってしまいました。
ちょっと前に試しで作ったときはすぐにできたのですが・・・

恐らく作った日が割と暖かい日で室温も上がっていたことが原因かなと思います。
そんな時は一回り大きめのボウルに氷や保冷剤を入れてクリームのボウルをその中においてそこのクリームの部分が冷えるようにしてから泡立てるといい感じでできます。

また、混ぜ合わせるものの温度が高いと生クリームは泡立たないので、抹茶と砂糖と温めた生クリームを混ぜ合わせたものをしっかりと冷ましておく必要があるので注意です。

飲み方

ネットでいろいろ調べてみたんですが、特に飲み方に決まりはなさそうでした。

ダルゴナコーヒー同様にそのまま抹茶のクリームをすすりながら牛乳と飲んでもいいし、スプーンやストローで混ぜ混ぜしながら飲んでもいいです。
あたくしは、最初はそのまま泡のクリーミーさを楽しみながら啜り、その後スプーンで混ぜ混ぜしていただきました。

仕上げに抹茶パウダーを風味が増していいかもしれませんね。
飲み方、楽しみ方はいろいろありそうですね。

ダルゴナって何?

ダルゴナコーヒーや抹茶、ココアといろんなダルゴナドリンクがありますが、この「ダルゴナ」は韓国語表記は달고나となっているそうです。
カタカナで書くとタルゴナと書かれているサイトも目にします。

日本のカルメ焼きのような韓国の砂糖菓子をダルゴナ(タルゴナ)と呼びます。

カルメ焼きの甘くてほろ苦くてふんわりした感じが最初に出てきた基本のダルゴナコーヒーの泡の部分に似ていることから名付けられたみたいです。

ダルゴナのアレンジ

ダルゴナコーヒーのほか、ダルゴナ抹茶やダルゴナココアなどいろいろ作ってみました。詳しくはリンク先をご覧ください。

使った道具

ほとんど準備物のいらない簡単なドリンクですが、最低限これは使うよ!っていうものとか、あったら便利だよっていうものをご紹介します。

ハンドミキサー

ダルゴナのホイップに使います。
もちろん手動の泡立て器でもいいのですが、結構力もいるし長時間泡立てないといけないようなので大変です。

ハンドミキサーだったらすぐにできるのでかなりお手軽です。

わざわざハンドミキサーだすのがめんどくさいって時はハンドブレンダーの先を泡だて器モードに付け替えて泡立てることもできます。
こちらもかなりお手軽です。

ボウル

料理やお菓子作りによく使うごく一般的なボウルです。
抹茶パウダーや砂糖、生クリームを入れて混ぜる際に使うのでこれは必須アイテムです。

泡立てるものも少ないのでサイズは小さめ~中くらいサイズの物がいいかなって思います。

ゴムベラ

泡立てた後ボウルに飛び散った泡をきれいに集めたり、牛乳の上に乗せたりするときに使います。
スプーンがあれば、まぁ何とかなるのでなくても大丈夫かな。
あると仕上がりが綺麗になるアイテムってとこです。

計量スプーン

ダルゴナの泡を作るのに抹茶パウダーや砂糖、生クリームをきちんと計る必要があります。
きっちりはかれて失敗なく確かな量が作れるのでこちらもほぼ必須アイテムです。