このページを印刷

オレンジショコラクグロフのレシピ

こんにちは、ゆり子です。
今日はクグロフを作りました!

先日、旦那はんと言う名のサンタさんにクグロフ型を買ってもらいました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
えっ?普通クリスマスプレゼントってバッグとかアクセサリーとかじゃないのかって??
いーんです!!
どうせもらえるなら使えるものの方がええやん!!ってことで我が家は毎年調理器具なんです(;^ω^)

去年も圧力鍋買ってもらったし~♪
去年高かっただけにあんまり高いものねだるんもなぁ~ってことでずっと買おうか悩んでたクグロフ型をおねだり!!
大きいクグロフ型と迷ったのですが、プチサイズいっぱい作りたかったのもあってシリコン製の6個セットになってるのを買ってもらいました( *´艸`)

で、Amazonで注文してくれたのがこのクグロフ型!!

ヤッホーい!!クリスマス前に届いたぞ~
クリスマスと言ったらクグロフやんね~
これは早く作らねば!!!

ってなわけで早速レッツクッキング!!

オレンジショコラクグロフのレシピ

カテゴリ
ケーキ
調理時間
1時間

ココア生地にオレンジの皮と果汁を練り込んだ香りのよいクグロフです。
チョコとオレンジの相性は抜群!!
プチサイズなので食べやすく、また1度に6個分も作れるのでクリスマスの手土産にもピッタリです(*´▽`*)

材料(6人分)

  • バター
    100g
  • 砂糖
    75g

  • 2個
  • 薄力粉
    60g
  • ココアパウダー
    40g
  • ベーキングパウダー
    3g
  • オレンジ
    4分の1個
  • ホワイトチョコ
    板チョコ1枚半
  • ドライフルーツやアーモンド
    お好みで

オレンジは皮を使用します!
なるべく無農薬やワックス不使用と書かれたものを選んでください!!
そして下準備の時にしっかりとこすり洗いをしておきましょう!!

作り方

1. 下準備

  • オレンジはよーくこすり洗いをして皮はすりおろして3g計量
    実は絞って果汁を小さじ1計量する

  • バターは冷蔵庫から出して室温に戻しておく
  • トッピングにアーモンドを使う場合は170度のオーブンで7分空焼きをする

2. 生地を混ぜる

ボウルにバターと砂糖を入れ、白っぽくなるまでハンドミキサーですり混ぜる

溶いた卵を4~5回に分けてその都度ハンドミキサーでよく混ぜてなじませる

薄力粉・ココアパウダー・ベーキングパウダーを合わせてふるい入れゴムベラで切り混ぜる

ワンポイント! この時、粉気が残る程度でストップ!!

3. 生地にオレンジを練り込む

少し粉気が残る生地にすりおろしたオレンジの皮と果汁を加えしっかりと切り混ぜる

4. クグロフを焼く

スプーンなどで型に生地を入れ、トントンと空気抜きをする

180度に予熱しておいたオーブンで18分焼く
焼きあがったらケーキクーラーの上に出して粗熱を取る

5. デコレーション

湯煎で溶かしたホワイトチョコをてっぺんに付ける
上から少し垂れる感じが可愛いです!!富士山の雪っぽい感じで🗻
お好みでアーモンドやドライフルーツを飾ったら完成!

クグロフってどんなお菓子?

クグロフはオーストリアとポーランドに古くから伝わるお菓子の一つです。
別名をアルザス菓子とも呼ばれ、フランスのアルザス地方でも盛んに作られていました。

※フランスのアルザス地方:ストラスブールを主要都市とする周辺の地域

フランス ストラスブール

クグロフの歴史

18世紀のフランス王妃で有名なマリーアントワネットが好んだことにより当時のフランスでは大流行したそうです!
「パンがないならケーキをお食べ!」っていう有名なセリフありますよね?
あのケーキはクグロフのことだったとかなかったとか・・・
真相はわかりませんが、当時の貴族たちの間ではカリスマ的な存在のアントワネットがクグロフブームの火付け役だったそうです(*´▽`*)

そんな感じで広まったクグロフはキリスト教の復活祭やクリスマス、その他お祝い事の席で出される伝統的なお菓子になったそうです。

生地の種類

クグロフには大きく分けて2種類の作り方があります!!
まず一つ目はイーストや酵母を使ったパン生地タイプの物🍞
そしてもう一つが今回ご紹介したバターケーキタイプの物になります。

正直パンについては全く知識がないので比べてみてどうとか言う前に作り方の段階からよくわかっていないので、生地の種類が違うとしか説明できません。
製菓ショップのクオカのホームページにちょこっと載っていたので引用します

オーストリア・ウィーン風のクグロフは、バターケーキ生地で作るパウンドケーキに近い焼き菓子です。
~中略~
フランス・アルザス風のクグロフは、バターたっぷりのリッチなブリオッシュ生地で作る発酵生地で作ります。

地方によって使われる生地が違うということみたいですね!
発酵生地タイプも気になりますね~( *´艸`)

使った道具

今回使った道具はこちら!!
ルクエのミニクグロフ型!!

シリコン製のキッチングッズで有名なルクエさんの商品!!
もちろんこれもシリコンでできているので型から取り外すときが楽ちん♪
そして洗い物もしやすいのでお手入れも楽!

大きなクグロフ型でドーンと焼くのもいいけれど小さめサイズを一人1個食べれるのも嬉しいよね!
1度に6個も作れるので箱に詰めてお配りするのにもちょうどいいサイズです!

これからクリスマスシーズンですし、いっぱい作ってプレゼントしてみるのはいかがでしょうか?

今まで作ったりお菓子はケーキレシピタグからどうぞ~