このページを印刷

ダルゴナあんずのレシピ

20200520_a_レシピ_ダルゴナ_あんず

こんばんは、ゆり子です。
この記事では「ダルゴナあんず」のレシピについて掲載してます。

韓国グルメの一つで人気のダルゴナコーヒー。
牛乳の上にコーヒーの泡を乗せたおしゃれなドリンクです。

今回は「あんず」バージョン「ダルゴナあんず」です。
あんずジャムを使ったお手軽ホイップのダルゴナを作ります。

甘酸っぱいあんずの香るミルキーカラーのダルゴナです。
柔らかいやさしい色合いに癒させるドリンクになっています。
さて、お味の方はいかに?

ふわふわな泡の部分がダルゴナと同じ感じなのでダルゴナのアレンジドリンクってことになるのかなと思っています。
コーヒーと違ってそのままだとクリーミーなまでには泡立ちにくいので生クリームを使って泡を作りたいと思います。

それでは早速レッツクッキング!!

ダルゴナあんずのレシピ

カテゴリ
ドリンク
準備時間
5分
調理時間
5分
合計時間
10分

完成_ダルゴナあんず_2020-05-18

ダルゴナコーヒーのあんずアレンジのレシピです。

材料(1人分)

  • あんずジャム
    大さじ2
  • 生クリーム
    大さじ3
  • 牛乳
    適量
  • 飾り用あんずジャム
    少々

材料_ダルゴナあんず_2020-05-18

 

作り方

1. あんずクリームを作る

生クリームとジャムを泡立てる_ダルゴナあんず_2020-05-18

ボウルに生クリームとあんずジャムを入れて泡立てる

あんずホイップ_ダルゴナあんず_2020-05-18

▲の写真くらい軽く角が立つくらいしっかり立てた方が後で泡が崩れにくいです

2. グラスに牛乳を注ぐ

牛乳を注ぐ_ダルゴナあんず_2020-05-18

グラスに氷を入れて牛乳を注ぎます
大体グラスの6~7分目くらいまで注ぐのがおすすめです。

3. あんずクリームを乗せる

泡を乗せる_ダルゴナあんず_2020-05-18

ゴムベラやスプーンを使って牛乳の上に乗せます
そーっと乗せないと牛乳とダルゴナが混ざってきれいな2層にならないこともあります。

あんずを飾る_ダルゴナあんず_2020-05-18

仕上げにあんずジャムを飾ったら完成です

ダルゴナあんずが完成

完成_ダルゴナあんず_2020-05-18

白い牛乳に少しオレンジがかったミルキーカラーのあんずホイップがかわいいドリンクに仕上がりました。
あんずの香りがします。

仕上げにあんずジャムの果肉をちょこんと乗せてみました。
可愛さが増します。
それでは早速いただきます。

まずは泡からぱくり。

あんずの甘酸っぱい風味が広がります。
あんずの果肉がたっぷりのジャムを使ったのであんずの粒々感と言うか果肉のおいしさも味わえて美味しいです。

見た目はオレンジがかった淡いクリームイエローと言うかミルキーカラーなんですが味は結構しっかりしています。
クリームだけだとあんずの主張もなかなか強めです。

これが牛乳と混ぜ混ぜしてみるといい感じに中和されます。

クリーミーでふわふわホイップの食感が楽しいちょっとリッチなあんずミルクって感じです。
甘いのが好きな方やお子さんにおすすめのドリンクです。

作ってみての感想

今回作ってみて思ったのがあんずの粒々感がすごいことです。
粒々感と言うよりかは果肉感かな?
あんず食べてるっていうくらい果肉が入っていました。

と言うのも使ったジャムが結構果肉そのまま入っている感じのジャムだったから軽くつぶして混ぜても果肉がクリームの中に残ってて存在感を発揮してくれました。
粒々したのよりも滑らかな口当たりが良いっていう方はミキサーやブレンダーであらかじめ攪拌させてから使うといいかもしれません。
こちらだと濃い味が均一にクリームに入るのでより濃厚な味わいになるかもしれませんし、色合いも気持ち濃いめになるやもしれません。

そして材料が少ないのもお手軽さのポイントとしては高いです。
生クリームとジャムだけなので準備も楽です。
ジャムを使う系のダルゴナはどれも共通して砂糖を使わない、味の調整がいらないという利点があります。
ジャムを使うと面倒なシロップ等を作る手間が省けるし、生クリームと混ぜるだけでそのジャムのフレーバークリームができるので簡単でお手軽です。

また、ジャムを加えて生クリームを泡立てるとゴジャムに含まれるペクチンの働きで普通に泡立てるよりも早くホイップができます。
泡立てる量も少ないので、今回はハンドミキサーを使用しましたが手動の泡だて器でもそこまで時間はかからないと思います。

飲み方

ネットでいろいろ調べてみたんですが、特に飲み方に決まりはなさそうでした。

ダルゴナコーヒー同様にそのままあんずクリームをすすりながら牛乳と飲んでもいいし、スプーンやストローで混ぜ混ぜしながら飲んでもいいです。
あたくしは、最初はそのまま泡のクリーミーさを楽しみたかったのでスプーンでクリームを食べつつ牛乳を啜り、その後スプーンで全部混ぜ混ぜしていただきました。

飲み方、楽しみ方はいろいろありそうですね。

ダルゴナって何?

ダルゴナコーヒーや抹茶、ココアといろんなダルゴナドリンクがありますが、この「ダルゴナ」は韓国語表記は달고나となっているそうです。
カタカナで書くとタルゴナと書かれているサイトも目にします。

日本のカルメ焼きのような韓国の砂糖菓子をダルゴナ(タルゴナ)と呼びます。

カルメ焼きの甘くてほろ苦くてふんわりした感じが最初に出てきた基本のダルゴナコーヒーの泡の部分に似ていることから名付けられたみたいです。

ダルゴナのアレンジ

ダルゴナコーヒーのほか、ダルゴナ抹茶やダルゴナココアなどいろいろ作ってみました。詳しくはリンク先をご覧ください。

使った道具

ほとんど準備物のいらない簡単なドリンクですが、最低限これは使うよ!っていうものとか、あったら便利だよっていうものをご紹介します。

ハンドミキサー

ダルゴナのホイップに使います。
ハンドミキサーだったらすぐにできるのでかなりお手軽です。

わざわざハンドミキサーだすのがめんどくさいって時はハンドブレンダーの先を泡だて器モードに付け替えて泡立てることもできます。
こちらもかなりお手軽です。

今回はジャムのペクチンで泡立てやすいので手動の泡だて器でもそこまで大変じゃないです。
あれば便利なアイテムです。

ボウル

料理やお菓子作りによく使うごく一般的なボウルです。
生クリームとジャムを入れて混ぜる際に使うのでこれは必須アイテムです。

泡立てるものも少ないのでサイズは小さめ~中くらいサイズの物がいいかなって思います。

ゴムベラ

泡立てた後ボウルに飛び散った泡をきれいに集めたり、牛乳の上に乗せたりするときに使います。
スプーンがあれば、まぁ何とかなるのでなくても大丈夫かな。
あると仕上がりが綺麗になるアイテムってとこです。

計量スプーン

ダルゴナの泡を作るのにジャムや生クリームの量を計る必要があります。
きっちりはかれて失敗なく確かな量が作れるのでこちらもほぼ必須アイテムです。