このページを印刷

韓国イチゴミルク、センタルギウユ(생딸기우유)のレシピ

レシピ_韓国イチゴミルク、センタルギウユ

こんにちは、ゆり子です。
この記事では「韓国イチゴミルク、センタルギウユ(생딸기우유)」のレシピについて掲載してます。

SNSで最近見かけるスイーツ系のドリンクの一つに「センタルギウユ」という飲み物があります。
韓国発祥の映える可愛いドリンクとしてInstagramを中心に広まりつつあるようです。

センタルギウユは韓国語で생딸기우유と書き次のような意味です。
생 ・・・ 生
딸기 ・・・ イチゴ
우유 ・・ 牛乳
「セン・タルギ・ウユ」ですね。

粒々の果肉たっぷりのイチゴミルクが何ともおいしそうです。
白いミルクとイチゴの赤のコントラストが映えてます。

ちょこんと飾られたイチゴもとってもキュート!
ちょっとおしゃれにおうちカフェ気分でまったりするにはもってこいなドリンクですね。

それでは早速レッツクッキング!!

韓国イチゴミルク、センタルギウユのレシピ

カテゴリ
ドリンク
準備時間
8時間5分
調理時間
5分
合計時間
8時間10分

完成_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

韓国のイチゴミルク「センタルギウユ」の作り方です。
生のイチゴでシロップを作り、牛乳を注ぐだけの簡単可愛いイチゴミルクです。

材料_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-27

材料(2人分)

  • いちご
    1パック(約200g)
  • グラニュー糖
    200g
  • 牛乳
    適量

イチゴとグラニュー糖の量はだいたい1:1くらいになるように調整してください。

今回のイチゴは1パック250gくらいで、それぞれのヘタと飾り用のイチゴを除いたら約200gだったのでそれに合わせてグラニュー糖も200g用意しました。

※調理時間のうち8時間は寝かせる時間です。

作り方

1. イチゴの下準備

下準備_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-27

イチゴを洗ってヘタを切り落とします
飾り用に2個取り分けておきます

2. イチゴシロップを作る

砂糖を混ぜる_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-27

ボウルにイチゴとグラニュー糖を入れて軽く混ぜ合わせます

つぶす_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-27

マッシャーやブレンダーでイチゴをつぶします
果肉が残る程度につぶします

3. シロップを寝かせる

寝かせる_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-27

ラップをかけて冷蔵庫で1晩寝かせます

※調理時間としては8時間としていますが一晩で大丈夫です

4. グラスにドリンクを作る

グラスに入れる_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

3で寝かせておいたイチゴシロップをグラスの3~4分目まで入れます

牛乳を注ぐ_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

牛乳をそーっと注ぎ入れます
最初によけておいたイチゴをグラスに飾ったら完成です

センタルギウユが完成

完成_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

韓国イチゴミルク、センタルギウユの完成です。

見て!!めっちゃ可愛い♡
映えてませんか?

真っ赤な粒々のイチゴの果肉に真っ白なミルクのコントラストが良い感じで美味しそうです。
仕上げに飾ったイチゴも可愛くておしゃれなドリンクです。

それではいただきます。

う~ん!甘くておいしい!
イチゴシロップなのでお砂糖の甘みはもちろんあるのですが、同じだけイチゴもいっぱい使ったのでイチゴの味もしっかりしています。

砂糖とイチゴのみのシロップなのでかなり濃厚でした。
牛乳が入っても負けないイチゴの風味です。
牛乳が苦手な人でも全然大丈夫だと思うくらいイチゴが勝ってます。

とはいってもシロップの甘さは結構強めなのでしっかり牛乳と混ぜ混ぜしながら飲むのがおすすめです。

ちょっと大きめにつぶしたイチゴの果肉がゴロゴロ入っててただ飲んでるっていうよりもイチゴを食べている感じもして、すごくリッチなイチゴミルクって感じです。

おしゃれなドリンクでおうちカフェタイムを楽しむにはもってこいだと思います。

作ってみての感想

完成・スプーン_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

今回のレシピは韓国のレシピサイトやレシピ動画を参考に作りました。

韓国のサイトでは砂糖の量がそれぞれに微妙に違ってたり、目分量でざーってやっているものがあったりしてたのですが、おおよそイチゴと同量って感じだったので、ゆり子飯ではイチゴと砂糖の量を1:1で作りました。

甘いの苦手な方やイチゴ本来の甘さや酸味を楽しみたいって方はお砂糖を控えめにして作ってみても良いと思います。

シロップを作るときも一晩寝かせて砂糖をなじませたり、混ぜるだけだったりといろいろしています。
特に決まりはないようですね。

でも、実際に作っていると砂糖の量が結構多いこともあり、混ぜただけでは砂糖が溶け切らずじょりじょりとした感じが残っています。
一晩寝かせることで完全にとは言えませんがある程度は溶けています。
グラスに注ぐ前に一度混ぜ合わせると砂糖がより馴染んでいい感じになりました。

ゆり子飯的には時間はかかるかもしれないけど、一晩寝かせることをお勧めします。
寝る前にチャチャっとシロップ作っちゃえば翌朝にはいい感じに仕上がっていますよ。

材料も少なく、作り方もとっても簡単なのでお休みの日にお子さんと一緒に楽しく作るのも良いですね。

飲み方

完成・ストロー_韓国のイチゴミルク_センタルギウユ_2020-04-28

ネットでいろいろ調べてみたんですが、特に飲み方に決まりはなさそうでした

スプーンでイチゴをすくいながら飲んだり、そのままゴクゴク飲んだり、ストローで吸いながらなど・・・

あたくしはストロー、旦那はんはスプーンで混ぜ混ぜしながらいただきました。

ストローで吸いながら楽しむときはイチゴの果肉がストローに詰まらないようにタピオカ用などの太めの物を使うのがよさそうです。

アレンジ例

イチゴシロップに牛乳を注いだセンタルギウユ。
要はイチゴミルクですね。

なので、イチゴ以外にも牛乳に合うフルーツを使ったらいろんな「セン○○ウユ」ができるんじゃないかなって思います。

あくまであたくしが合うかなって思ってあげているだけで試したわけではないのであしからず。

バナナ

牛乳に合わせるフルーツと言ったらこれ!と言っても過言ではない。
「バナナ」です。

バナナミルクです。
間違いなく美味しい組み合わせですよね。

スーパーに行ったら安価で季節を問わず並んでいる果物。
フレッシュなちょっと青いバナナでするのもいいかもしれませんが、ちょっと熟成が進んで甘味が際立ったバナナを使うのも良いと思います。

ベリー

イチゴがいけるなら他のベリー系もいけるんじゃないかな?と思います。

ブルーベリーやラズベリー、ブラックベリーなんかが当てはまりそうです。
それぞれを使っても良いし少しずつミックスしたベリーミックスウユにしてもいいかもしれませんね。

ベリー系は時期によっては生の物が手に入らないこともあるかと思いますが、冷凍のベリーミックスを使ったらお手軽にできます。
あれ、でもこの場合は生じゃないから생「セン」、生ってことにはならないのかな?

詳しいことはわかりませんがおいしそうな組み合わせです。

マンゴー

マンゴーラッシーっていうのがあるくらいだからマンゴーとミルクの相性はいいんじゃないかと思ったのがこちらです。

生のマンゴーはちょっと高いのと季節によったらなかなか手に入らないこともあるので、こちらも冷凍のカットマンゴーを使えば手軽にできると思います。

センタルギウユって何?

最近SNSで話題の「センタルギウユ」。
韓国のイチゴミルクとして、今Instagramを中心に人気が広まっているドリンクです。

ハングル文字であらわすと「생딸기우유」となるようです。
これをグーグル翻訳を使って一つずつ単語を分解してみるとこうなりました。

생「セン」・・・生

딸기「タルギ」・・・いちご

우유「ウユ」・・・牛乳

直訳すると生イチゴミルクということになります。
生のフレッシュいちごを使ったイチゴミルクといったところでしょうか。

せっかくなので作り方も韓国のサイトを参考に調べてみることにしました。
と言ってもハングルは全く読めないので、グーグル翻訳を使ったり英語のテロップが付いているレシピ動画を見て把握しました。

調べたレシピをざっくりと説明すると、こんな感じです。
生のイチゴを刻んだりつぶしたりして、そこにいちごと同量の砂糖を加えて混ぜて、シロップを作り、そこに牛乳を注いで、飾りのイチゴを飾ったものという感じでした。

フレッシュないちごにミルクって間違いなく美味しい組み合わせですよね。
材料もイチゴと牛乳と砂糖だけなので簡単に揃えれそうなものばかりなので手軽に作れるドリンクです。