このページを印刷

和風きなこ黒蜜モッフルをワッフルメーカーで作るレシピ

和風きなこ黒蜜モッフル

こんばんは、ゆり子です。
この記事では「和風きなこ黒蜜モッフルをワッフルメーカーで作るレシピ」について掲載してます。

お餅でワッフル。ワッフル生地の代わりにお餅を使ったワッフル、それがモッフルです。
3年位前にSNSとかで見かけていろいろ作っていた時期があります。

最近また思い出してちょこちょこ作るようになったので記事にしてみました。

今回作るモッフルは「和風きなこ黒蜜モッフル」です。
抹茶アイスや黒蜜、きなこを使った和風なスイーツ系モッフルを作ります。

冷たーい抹茶アイスが下の焼きたてのモッフルの熱で溶けてきて、そのちょっと溶けた抹茶アイスをモッフルに絡めて食べる。
想像しただけで美味しそうです。早く食べたい!

それでは早速レッツクッキング!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Eメール

和風きなこ黒蜜モッフルをワッフルメーカーで作るのレシピ

カテゴリ
モッフル
準備時間
5分
調理時間
10分
合計時間
15分

完成_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

ワッフルメーカーでお餅をプレスしてお餅のワッフル「モッフル」を作ります。
抹茶アイスや黒蜜、きなこを使って和スイーツに仕上げます。

材料_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

材料(2人分)


  • 2個
  • ホイップクリーム
    適量
  • 抹茶アイス
    適量
  • 黒蜜
    適量
  • きなこ
    少々

作り方

1. 餅を柔らかくする

餅を柔らかくする_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

餅を耐熱皿に乗せ、600wの電子レンジで30~40秒チンします

加熱しすぎると柔らかくなりすぎ、餅が溶けてしまいます。
ちょっと柔らかくなったなってくらいがベストです。

2. 餅をワッフルメーカーで焼く

油をしく_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

ワッフルプレートをセットし、予熱を与えて温めておきます。
ワッフルメーカーの余熱が終わったら、プレートにサラダ油を薄く塗り広げます。

餅を焼く_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

餅を乗せて加熱ランプが消えるまで焼きます。
だいたい5分くらい焼きます。

3. モッフルにトッピングをする

お皿に取り出す_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

焼けたモッフルをお皿に取り出します。
熱いのでやけどに注意してください。

アイスクリームや生クリームを乗せたり添えて、黒蜜をかけて、きなこを振ったら完成です。

モッフルが完成!

完成_和風きなこ黒蜜モッフル_2020-04-20

和風きなこ黒蜜モッフルが完成しました。

熱々のモッフルの上に抹茶アイスがちょこんと乗って、黒蜜ときなこをまとっています。
The和スイーツって感じです。
カフェとかのメニューにもありそうな仕上がりにできたんではないでしょうか。

それでは早速いただきます!

味の感想

熱々のモッフルに冷たい抹茶アイス。
熱々冷や冷やの組み合わせが何とも言えませんね。
モッフルの熱さで溶けた抹茶アイスを絡めて食べるとこれまたおいしい。

モッフル自体の味がシンプルで、抹茶の味が強いこともあり、きなこや黒蜜の風味が引き立って「和」な感じがめちゃくちゃします。

これは老若男女問わず、好きになるお味です。
もし甘いの苦手な方は黒蜜の量を減らしたり添えているホイップクリームを甘さ控えめのものにするなどしてみたらいいと思います。

モッフル自体は外はパリッと焼けていて、ナイフで切ると中はお餅本来のモチモチとした粘りが感じられる仕上がりになっていました。

使った道具はこちら!

今回作るときに使った便利道具を紹介します!

ビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカー

ビタントニオ_ワッフル&ホットサンドベーカー_2020-04-20

あたくしがモッフルを作る際に使っているのがこちら!
ビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカー!!

このビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカーはプレートが用途に合わせて付け替えれる仕様になっています。
今回使用したワッフルプレートとホットサンドプレートが最初からセットでついてきます。

使い方もプレートをセットしてスイッチを入れるだけで簡単ですし、プレート自体がテフロン加工なのでお手入れも楽ちんです。

お気に入りのキッチン家電の一つです。

他にもビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカーで作ったものはビタントニオタグからどうぞ~