このページを印刷

桜甘酒レアチーズケーキのレシピ

2019-03-16 20.14.44_完成_桜甘酒レアチーズケーキ

こんばんは、ゆり子です。
この記事では桜甘酒レアチーズケーキのレシピについて掲載してます。

春らしく桜の花を使ったレアチーズケーキです。
卒入学、進級、就職などのお祝いごとにもふさわしい華やかなケーキに仕上がります。

また今回は生クリームの代わりに甘酒を使用し、お砂糖も少なめにしています。
甘酒の香りと麹のほんのりとした甘さを楽しみつつ、後味のさっぱりとしたレアチーズケーキになっています。

それでは早速レッツクッキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Eメール

桜甘酒レアチーズケーキのレシピ

カテゴリ
レアチーズケーキ
調理時間
1時間

春らしく桜の花を使ったレアチーズケーキです。卒入学、進級、就職などのお祝いごとにもふさわしい華やかなケーキに仕上がります。
生クリームの代わりに甘酒を使用したレアチーズケーキです。

材料(18cm丸型1台分)

生地

  • クリームチーズ
    200g
  • 甘酒
    300cc
  • 砂糖
    40g
  • 粉ゼラチン
    10g
  • 水(粉ゼラチン用)
    大さじ2

桜ゼリー

  • 桃ジュース
    250cc
  • 桜の花の塩漬け
    40g
  • 粉ゼラチン
    5g
  • 水(粉ゼラチン用)
    大さじ1

ボトム

  • ビスケット
    80g
  • バター
    60g

作り方

1. 下準備をする

2019-03-16 14.20.17_下準備_桜甘酒レアチーズケーキ

水にゼラチンを振り入れてふやかす
クリームチーズを室温に戻しておく
桜の塩漬けを水につけておく

2. ボトムを作る

2019-03-16 14.24.12_ビスケットを砕く_桜甘酒レアチーズケーキ

ビスケットをポリ袋に入れてめん棒で砕く

この時強く叩きすぎると袋が破けてしまうので軽くで大丈夫です。
袋の下に布巾を敷いておくと袋が滑らないので叩きやすいです。
粉々になるまで叩きましょう!

2019-03-16 14.26.01_バターをなじませる_桜甘酒レアチーズケーキ

粉々になったら溶かしバターを入れ、よくなじませる

袋の上からよく揉んで溶かしバターが粉々のビスケット全体になじむようにします。
全体がしっとりとして一塊になるまで揉んでなじませてください。

2019-03-16 14.30.10_型に敷き詰める_桜甘酒レアチーズケーキ

型の底に入れラップで上から押しながら敷き詰める

ビスケットを型に広げてその上からラップをかけて軽くギュッギュッと押し固めたら冷蔵庫で冷やしておきます。

3. 甘酒にゼラチンを溶かす

2019-03-16 14.34.55_甘酒を温める_桜甘酒レアチーズケーキ

甘酒を小鍋で沸騰直前まで温める
※アルコールの含まれている甘酒を使用する場合でお子さんや妊婦さん、授乳中のママ、お酒の弱い方が召し上がるときはいったん煮立たせてアルコールをしっかりと飛ばしてください。

2019-03-16 14.35.45_ゼラチンを溶かす_桜甘酒レアチーズケーキ

ふやかしておいたゼラチン加えて溶かし、混ぜる

ゼラチンを加えてからは火を止めて予熱で溶かしてください。
溶け切らない場合は弱火で温める程度にしてください。
温度が高くなるとゼラチンの臭みが出てしまうので注意です。
ゼラチンの粒が無くなるまでしっかりと溶かし混ぜましょう!

4. レアチーズ生地を作る

2019-03-16 14.37.33_混ぜる_桜甘酒レアチーズケーキ

ボウルにクリームチーズと砂糖を入れて滑らかになるまで混ぜる

ハンドミキサーの低速ですり混ぜるようにして混ぜ合わせると飛び散らず綺麗に混ざります。
ハンドミキサーが無い場合は泡立て器でしっかりと擦り混ぜてください。

2019-03-16 14.41.20_甘酒を加える_桜甘酒レアチーズケーキ

3を少しずつ加えながら混ぜる

この時甘酒の鍋は粗熱を取っておきましょう。
一度に一気に入れると甘酒とチーズクリームが分離してしまうので3回くらいに分けて少しずつ加え、その都度しっかりと混ぜ合わせてください。
甘酒のつぶつぶが苦手な方は一度ざるなどでこしてから入れると良いです。

5. 固める

2019-03-16 14.46.28_生地を型に入れる_桜甘酒レアチーズケーキ

型にレアチーズ生地を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める

この時表面が平らになるように均しておきましょう。

6. 桜ゼリーを作る

2019-03-16 14.55.54_ジュースを温める_桜甘酒レアチーズケーキ

小鍋に桃ジュースを入れ、沸騰直前まで温める

▲ではいろはす白桃を使用しています。

今回は桜との風味の相性が良さそうな桃味のジュースを使用しました。
他にもイチゴ味などお好きな味のジュースをご使用ください。

桜リキュールを使用する場合でお子さんや妊婦さん、授乳中のママ、お酒の弱い方が召し上がるときはいったん煮立たせてアルコールをしっかりと飛ばしてください。

2019-03-16 14.56.33_ジュースにゼラチンを溶かす_桜甘酒レアチーズケーキ

ふやかしておいたゼラチンを加えて溶かし、混ぜる

ゼラチンを加えてからは火を止めて予熱で溶かしてください。
溶け切らない場合は弱火で温める程度にしてください。
ゼラチンの粒が無くなるまでしっかりと溶かし混ぜましょう!

2019-03-16 14.59.10_桜を加える_桜甘酒レアチーズケーキ

水気を切った桜の塩漬けを加えて混ぜる

桜の塩がしっかりと取れていることを確認してからキッチンペーパーなどでいったん水気を切ってから加えてください。

7. 桜ゼリーを固める

2019-03-16 15.11.18_ゼリーを型に流す_桜甘酒レアチーズケーキ

冷やし固めたレアチーズケーキの上に桜ゼリーを流し入れ、冷蔵庫で再度冷やし固める

この時レアチーズケーキがしっかりと固まっていることとゼリーの粗熱がしっかりと取れていることを確認してから流し入れてください。
レアチーズケーキの塊が甘かったりゼリーが熱かったりするとレアチーズケーキが溶けてゼリー部分が濁ってしまいます。

2019-03-16 16.51.34_型から取り出す_桜甘酒レアチーズケーキ

そっと型から取り出してお皿に乗せたら完成!

▲はゼリーがちょっと熱かったため下のレアチーズケーキが溶けてしまいゼリーがちょっと濁ってしまいました。
作る方はここ注意です!

今回使った材料

今回使った材料の一部をご紹介します。

いろはす白桃

桜ゼリーに使用した桃ジュースは今回は「いろはす白桃」です。

スーパーに行くといろんな種類の桃ジュースが販売されているのでお好きな味の物を使用していただければと思います。
桃以外の物でも大丈夫です。
イチゴなどお好きな味のジュースで作ってみてください。

ただ、桃の色が濃い目の物やカルピス系の白みがかった物だと桜の塩漬けが綺麗に出ない場合があるので、透明に近い色やほんのり色付いたものがおススメです。

最近だといろんな味の透明のフレーバーウォーターがあるのでそれを使ってみてはいかがでしょうか。

白相酒造の甘酒

昨年購入してから気に入っている甘酒です。
ピンクのラベルと「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿のイラストが可愛いビン入りの甘酒です。

米と米麹で作られており、ノンアルコールなので小さなお子さんや妊婦さん、授乳中のママ、お酒の弱い方でも安心して飲めるようになっています。
砂糖不使用なのですが、甘くて濃厚!でも後味すっきりとした飲み口です。

麹の風味がしっかりあるので今回のレシピではいつものレアチーズケーキに比べるとお砂糖控えめにして作っています。
甘酒のほのかで上品な甘さのレアチーズケーキになったかなと思います。

甘酒は観音寺市にある酒屋さん「タニーズ」で購入することができます。
甘酒のレビューなど詳しくは過去に購入した際に▼にまとめているのでよかったら参考にしてみてください。

白相酒造の甘酒を買ってみました!