このページを印刷

リンゴのダッチベイビーでランチタイム!(レシピあり)

2017-09-28 ダッチベイビー

こんにちは、ゆり子です。
今日のゆり子飯です。

今日のお昼ご飯はちょっと甘いもんが食べたいな~♥
ってことでダッチベイビー!!
スキレットの中でふわふわに膨らんだ生地に果物とかシロップとか乗せて食べるの🎶

ちなみに、ダッチベイビーっていうのはオーブンでじっくり焼き上げたドイツ風のパンケーキのことです。
通常のフライパンで焼くケーキみたいなパンケーキ生地ではなく「ジャーマン生地」と呼ばれる卵をふんだんに使用した生地を使って焼く独特のパンケーキ!
生地は端っこはサクサク!真ん中はふわふわとしていて、シュークリームの皮に近い感じかな。

数年前、スキレットの流行りとともにダッチベイビーも一気に広まりましたよね。
ダッチベイビーを提供しているお店も増えて、都会の方にはダッチベイビーの専門店もできたくらい!!

あたくしも、ニトスキを購入したころはしょっちゅう作ってました!!
皮には砂糖を入れず、甘さ控えめに作るのでサラダを乗っけて食事系のダッチベイビーにしても合うし、果物とかアイスとか生クリームとかを乗っけてスイーツ系のダッチベイビーにしてもおいしい!!

今日は甘い系が食べたかったので、冷蔵庫の中にあったリンゴをレンジでチンしてコンポートにしてチョコレートソースをかけていただくことにします!!
それではレッツクッキング!!

リンゴのダッチベイビー

材料(スキレット2つ分)

ダッチベイビーの生地
薄力粉 70g
豆乳  100cc
卵   2個
塩   少々
バター 適量

リンゴのコンポート
リンゴ 2分の1個
砂糖  大さじ2
水   大さじ2

チョコレートシロップ 適量

作り方

1.リンゴのコンポートを作る
りんごを薄切りにする
耐熱ボウルにリンゴ・砂糖・水を入れてふんわりラップをして約5分チンする

2.オーブンを予熱する
220℃に予熱します

3.生地を作る
ボウルに卵・豆乳・塩を入れて泡だて器でよく混ぜる
薄力粉をふるい入れ、だまが無くなるようによく混ぜ合わせる

4.生地を焼く
スキレットをコンロで火にかけて温め、バターを入れて溶かす
バターが溶けたら生地を流し入れ、スキレットを天板に乗せ換えてオーブンに入れて220℃で15分くらい焼く
ふわっふわに膨らんできたら成功です!!
*熱したスキレットはめちゃくちゃ熱いのでやけどに気を付けてください!
*オーブンで焼いている途中に気になるとは思いますが絶対に扉を開けないでください!しぼみます!

5.盛り付けをする
生地が焼けたらリンゴのコンポートを盛り付けて、チョコレートシロップをかけたら完成!
蜂蜜とかでも美味しいですよ!

混ぜて焼くだけ!おうちにある材料ですぐにできるのでお子さんのおやつにもおすすめです!
盛り付ける具材は何でもOK!
お好きな果物、食材、シロップをトッピングしてオリジナルのダッチベイビーを作ってみてくださいね♡

今まで作ったカフェ風ご飯はカフェごはんタグからどうぞ~