このページを印刷

第1弾~栗の皮むき編~ マロングラッセ風栗の渋皮煮作り!

2017-09-27 マロングラッセ第1弾ー1

こんにちは、ゆり子です。
今日のゆり子飯です。

この記事は「マロングラッセ風栗の渋皮煮作り!」の第1弾~栗の皮むき編~です🎶
書いているうちに長編になってしまったので、場面ごとに分けてご紹介していきたいと思います。

先日(9月26日)、親戚のおばさんからたくさん栗を頂きました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
嬉しい~♡
わーい何作ろー♪
栗ご飯でしょ~、モンブランでしょ~、栗きんとんでしょ~、クグロフとかパウンドケーキに入れても良いし~
って甘いもんばっかりやん(^▽^;)苦笑

でもでも、栗と言ったらマロングラッセでしょ!!
甘くてしっとり~洋酒が香る大人のスイーツ✨

デパ地下とかのお高いスイーツショップとかでこの時期見かけると思うんですけど、高い!!
いや、きっと良い栗を使ってるんやと思うし手間暇かけて作ってるからやとは思うんですけど、ちょっと高い!!
庶民にはなかなか手が出せませんね。

でもたべたいの~(>_<)
口いっぱいに広がる甘さと栗の風味~
鼻から抜ける洋酒の香り~
食べたい食べたい~💦

よし!!せっかく栗をいただいたので、いっちょ作りますか!!
とは言ってもちまちま渋皮むきをすることができんあたくし・・・
集中力皆無なので途中で飽きてしまうん(;´∀`)
絶対日が暮れる・・・
無理・・・

はてさて、どうしたもんかな~
あ!!よく似たおやつが日本にはあるじゃないですか!!
そう、栗の渋皮煮!
渋皮ごと重曹と煮こぼして砂糖とかで煮詰めて作るあれです!

煮詰めるときの味付け変えたらマロングラッセ風になるんちゃうの?
これならいけそうな気がする!!
と言う訳でまずは栗の皮むきからスタート!!

栗の皮むき

この栗の皮むきなんですが、皮が硬くて結構大変ですよね。
結構ここで断念する方も多いんじゃないかしら・・・
この硬い皮、鬼皮って言うんですけど、これが簡単にむける方法をご紹介します!!

準備するもの

・栗
・ボウル2個
・お湯
・水
・包丁(果物ナイフ)
・まな板

手順

1.ボウルの1つお湯を入れ、その中に栗を投入!
お湯の量は栗がかぶるくらいです
5分くらいお湯に浸しておきます

2017-09-27 マロングラッセ第1弾ー2

2.包丁を使って鬼皮をむく!
ボウルから1つずつ栗を取り出し、栗のお尻?の部分(ちょっと硬くてざらざらしとるところ)との境目に切り込みを入れる
切り込みに包丁の角を滑りこませると、てっぺんのとがっているところまで、ぺりーってきれいで簡単にむけちゃいます

2017-09-27 マロングラッセ第1弾ー4

2017-09-27 マロングラッセ第1弾ー3

3.むいた栗は乾燥を防ぐために水を入れたボウルに入れていきましょう!

これでひとまず完了です!
渋皮煮なので渋皮はついたままで大丈夫です!
皮をむくときに渋皮まで削っちゃうとこの後の煮るときに煮崩れちゃうので注意です!

皮むきが終わったら大きな作業の半分が終了したといっても過言ではない!!はず(;´∀`)笑
さすがにちょこっと疲れたぞ(´-∀-`;)

ちょっと休憩をはさんであく抜きしていきたいと思います!!

この続きは第2弾~あく抜き編~に続きます。
お楽しみに~(^_-)-☆

マロングラッセ風栗の渋皮煮作り!

今まで作った料理のレシピは料理レシピタグからどうぞ~