このページを印刷

天空のブランコがある雲辺寺山頂公園に行ってきました / 観音寺市

20200823_a_おでかけ_観音寺市_雲辺寺山頂公園

こんにちは、ゆり子です。
この記事では雲辺寺山頂公園にできた天空のブランコについて書いていってみたいと思います。

ここ最近、Twitter、インスタ、新聞などで見かけることが増えたもの。
そうそれは観音寺市大野原町に出来た天空のブランコです。

雲辺寺はあたくしん家からも近く、家からでもロープウェイの山頂駅が見えるんです。

ということで、ざっくり書くとこんな感じです。

  • 標高927メートルの山頂
  • ブランコ・ベンチ・フォトフレーム
  • 天空の鳥居が観音寺市だけど違う山
  • ロープウェイに乗っていく
  • 日本最大級のロープウェイ
  • 六十六番札所 雲辺寺
  • 絶景
  • 冬はスキー場

ということで、このあたりに触れながら書いていってみたいと思います。
まずは目次から気になるところをご覧ください。

ちなみに最終の訪問日は2020年8月です。今後も訪問したときには本記事に追記・更新していく予定です。

雲辺寺の天空シリーズ

公式のインスタによると、完成したのは2020年7月23日とのこと。
何もなくても絶景が拝める雲辺寺山頂で映えなものができてしまったようです。

標高920メートルから眺める絶景は格別です。

天空のブランコ

天空のブランコ_雲辺寺_2020-08-12

瀬戸内海や三豊平野を見下ろしながらブランコ

日本各地には絶景ブランコと呼ばれる絶景なブランコがあるそうです。
雲辺寺の天空のブランコも間違いなく絶景ブランコへの仲間入りですよね!

またハイジのブランコと呼ぶ方もいるみたい。
アルプスの少女ハイジのハイジが乗ってるブランコのことだそうで、ロープの長さがちょっと短い気がしますが、絶景具合で言ったら負けてない、ということなんですね。

天空のフォトフレーム

天空のフォトフレーム_雲辺寺_2020-08-12

フォトフレームの上に座ったり立てったり、向こう側でジャンプをしたりなどなど。

皆さん色んなポーズで写真を撮っていました。

天空のベンチ

天空のベンチ_雲辺寺_2020-08-12

ここに座ってると景色は良いし、空は青いし、心地よい風が吹いてくるしで、とてもまったりした時間が過ごせます。

天空のテーブルとベンチ

テーブル・チェア_雲辺寺_2020-08-12

こちらの写真だとちょっと分かりづらいですが、テーブルのところに座ってここからでも景色が楽しめます。

あたくしが到着したときはちょうどここでお弁当を食べてる方がいました。

すぐ近くには飲料の自動販売機もあるので、ここでお茶したら気持ちよさそうですね。

ほうきにまたがって?

今のところやってる人も、言ってる人も見たことがないのですが、この場所だとほうきにまたがった空中写真も撮れるんじゃないかな。

ほうきにまたがってジャンプしたときにタイミングよく写真を撮ったら飛んでるみたい!っていうアレです。

有料ででもほうきを貸し出して貰えれば是非試してみたいところです。

山頂公園について

山頂公園_雲辺寺_2020-08-12

ロープウェイを降りて、徒歩で数分。

スノーパーク雲辺寺のほうに向かっててくてくと歩いてくるとあります。

「ほうに」っていうかスノーパーク雲辺寺ですね。ここ。

▲写真の左に写ってる謎の機械。
スキー・スノボーなどで登ってくるのに利用するリフトです。
リフトの左のスペースがひらけていて雪が積もりますが、この日は8月。雪はまだありませんでした。

テーブル・チェア_雲辺寺_2020-08-12

テーブル・ベンチ、ブランコ、フォトフレームがありますね。

みなさん思い思いに過ごされている感じでした。

フォトフレームとブランコと山頂駅_雲辺寺_2020-08-12

ブランコの向こうに見える白と赤の建物はロープウェイの山頂駅です。
このくらいの距離感で、徒歩で5分くらいの場所にあります。

絶景から探してみよう

三豊平野_雲辺寺_2020-08-12

眼下に広がるのは観音寺市。
その向こうには瀬戸内海、からの本州。

この日の天気は晴れていたものの雲もあって向こうのほうまでは見えなかったのが残念でした。

ということで、どこにどんなものがあるのか探していってみたいと思います。

観音寺市全域

豊浜・大野原・観音寺_雲辺寺_2020-08-12

▲こちらに見えている範囲が観音寺市のほぼすべてです。

どこを紹介しようかな、と思いつつ、主要なところを4つ出してました。
他にも気になる場所があったら是非探してみてください。

写真内に記している左から順に紹介します。

伊吹島

瀬戸内海にぽっこり浮かんでいる伊吹島。
ほかに目立つ島もないので一目で分かりますね。

伊吹島は「いりこ」で有名です。
いりこは讃岐うどんの出汁にも使われ、香川のうどん店でも「伊吹島産のいりこ使用」と謳っているお店も多々あります。

一の宮公園

観音寺豊浜町にある公園で、10月にはちょうさ祭りの会場ともなる有名な場所です。
※写真内で「一宮公園」とありますが「一の宮」の誤りです。

一の宮公園には「一の宮ドリームタワー」があり「恋人の聖地」として認定されています。
また、イサム・ノグチがデザインした遊具があったり、芝生広場があったりなどなど。

穏やかな瀬戸内海を見ながら海沿いを散歩するなら夕日が落ちる前がオススメです。

大野原IC

高速道路の大野原インターチェンジからは、雲辺寺ロープウェイ山麓駅まで約15分ほどです。

ちょっと前に走ってきた道を辿ってみるのもおもしろいですね。

銭形砂絵・寛永通宝

銭形・有明浜_雲辺寺_2020-08-12

銭形砂絵、琴弾公園、観音寺中学校、神恵院、有明浜、琴弾回廊などがこのあたりです。

矢印の下にある小高い山の上には展望台があり、上から銭形砂絵を見下ろせるようになっています。
銭形砂絵のすぐ向こうには瀬戸内海が広がり、違った角度からの伊吹島が見えます。

稲積山・紫雲出山

稲積山・紫雲出山_雲辺寺_2020-08-12

銭形砂絵のところから視線を少し右に移動したのがこちら。

赤枠で囲った山が稲積山。その奥に左上に向かって伸びているのが荘内半島です。

赤枠内を拡大したのが▼。

稲積山・紫雲出山_雲辺寺_2020-08-12

天空の鳥居 高屋神社

こちらの赤枠内、ぽっこりしているところの頂上が高屋神社の本宮です。
標高404メートルの場所にあり「天空の鳥居」として有名になった神社はこちらです。
詳しくは「天空の鳥居がある高屋神社に行ってきました」をご覧ください。

紫雲出山

左上の緑枠にあるのが紫雲出山。
こちらも絶景スポットです。
詳しくは「紫雲出山に行ってきました」をご覧ください。

父母ヶ浜

緑枠と赤枠の間の少し下
水色の矢印で合わさったところ、稲積山の裏に隠れているのですが、「ウユニ塩湖」として有名になった父母ヶ浜がここにあります。

詳しくは「父母ヶ浜タグ」をご覧ください。

瀬戸大橋

瀬戸大橋_雲辺寺_2020-08-12

山頂駅のほうに目をやると向こうの方に瀬戸大橋が見えます。

瀬戸大橋_雲辺寺_2020-08-12

赤枠部分を拡大したのがこちらの写真。
肉眼だともうちょい見えるんですが、写真だと微妙ですね。

赤矢印の下に瀬戸大橋の支柱が見えます。

左の矢印あたりが、岡山県倉敷市の児島、
瀬戸内海を挟んで
右の矢印のあたりが香川県坂出市、です。

丸亀城とかゴールドタワーとか

他にも有名どころで、丸亀城と宇多津のゴールドタワーも見えてますね。

右の赤矢印の下、瀬戸大橋の支柱からほんの少し左下。
街の中に小さな山のようなものが見えます。
ここは丸亀城ですね。

んで、丸亀城の後ろに重なって、うっすら棒のように見えるのが宇多津ゴールドタワーですね。
ゴールドタワーのスグ隣には2020年にオープンした四国水族館があります。

詳しくは▼をご覧ください。

雲辺寺山頂公園への行き方

雲辺寺山頂公園は、標高920m。

直接、山頂まで自動車で行けないことはないのですがオススメしません。

基本は、雲辺寺ロープウェイです。

最寄りのインターは大野原インターチェンジ。
ざっくり、下記のような感じです。

  1. 大野原インターを降りる
  2. 15分ほど走る
  3. 雲辺寺ロープウェイ山麓駅 到着
  4. ロープウェイで7分
  5. 雲辺寺ロープウェイ 山頂駅 到着
  6. すぐそこ

雲辺寺ロープウェイ山麓駅への行き方とアクセス情報

詳しくは▲にまとめていますのでご覧ください。

駐車場

雲辺寺ロープウェイ山麓駅のところにはまぁまぁ大きめの駐車場があります。