このページを印刷

2018年8月8日の豊稔池ダムのゆる抜きに行ってきました

0202_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

こんばんは、ゆり子です。
この記事は豊稔池ダムのゆる抜きについて掲載しています。

2018年8月8日は豊稔池ダムのゆる抜きでした。
歴史的建造物でもあるこの豊稔池ダムは県内外の方から人気の高いダムの一つでTVでも取り上げられることのある有名なダム!

昨年は台風の影響でゆる抜きが中止されてしまったので、今年こそはと楽しみにしていました。

それでは早速レッツゴー!

2018年豊稔池ダムゆる抜きの様子

0201_豊稔池_2018-08-08

9時にゆる抜きが開始され、端っこの5番目のアーチの水門と1番目と2番目のアーチの間にある水門から大量の水が流れ出しました。

ダムの下流側から

0204_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

ごうごうと流れ出る水の量は何と毎秒4トンだそうです。

Twitterに動画をあげているのでよかったら再生してみてください。
※音量注意!

0210_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

下の遊水公園にはゆる抜きの様子を見にたくさんの人が集まっていました。

0106_豊稔池_遊水公園_入口_2018-08-08

私たちも豊稔橋を渡って近づいていきましょう!!

0209_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

芝生の上に来るとなんだかひんやりと涼しい!

0203_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

ダムから流れ出た大量の水が水しぶきを上げ、その水しぶきが霧状となって芝生のあたりまで降り注いでいました。

0208_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

暑い真夏ですがちょっぴり涼しく感じられて良いですね。

0205_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

ただ、このダムのミスト。
池の水ということもあり独特の臭いがするのが残念なところ(;^ω^)
まぁ、それも含めて夏の風物詩と言ったところなんでしょうね。

0207_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

水際から見上げると水が覆いかぶさってくるんじゃないかってくらいの勢いが感じられます。
白い水しぶきをあげながら滝のように流れ出る池の水。

0206_豊稔池_ゆる抜き_2018-08-08

迫力満点ですね!!
すごい勢いで水が流れ落ちていっているのがよくわかります。

0307_豊稔橋_2018-08-08

流れ出た水は遊水公園の周りから観音寺市内へと続く柞田川にどんどん勢いよく流れていきました。

ダムの上流側から

1201_豊稔池の上から_2018-08-08

ダムの上流にはたっぷりと水を溜めた大きな豊稔池を見渡せます。

1203_豊稔池の上から遊水公園_2018-08-08

ダム上流の駐車場辺りから下流を見下ろすとまた違って見えて面白いです。

1205_豊稔池_2018-08-08

下から見上げても。上から見下ろしてもゆる抜きの迫力を楽しめますね。

以前のゆる抜き

2017年の豊稔池ダムのゆる抜きの様子
※2017年は直前の台風の影響でゆる抜きが中止でしたが、予定日に訪問しました。

豊稔池ダムについて

※情報は2018年8月8日時点の内容です。

名称
豊稔池ダム (ホウネンイケダム)
所在地
〒769-1623 香川県観音寺市大野原町田野々
ホームページ
公式ホームページ
豊稔池ダム

豊稔池ダムの概要

観音寺市大野原町にあるこのダム!
日本最古の石積式ダムで国の重要文化財にも指定されています。

柞田川へと流れるこのダムは水不足の香川県では農業用水として古くから利用され、今でものうちの水がめとして活躍しているそうです。

特徴は何と言っても中央部にある5個のアーチではないでしょうか
あたくしは建造物などに詳しくないのですが、昔の石積で作られたダムでマルチプルアーチダムと言う構造になっているそうです。

パッと見た感じが西洋のお城みたいでカッコいい石造りのダムですね。
この5連のアーチが迫力あって県内外から見に来られる方がたくさんいらっしゃるみたいです。

また、その見た目の美しさからも四国八十八景やため池100選にも選ばれています。

山の中にある美しく雄大な豊稔池ダム。
周囲の自然の風景とも合わさって四季折々の見事な景観が楽しめますよ。

豊稔池ダムまでの道

大野原インターから豊稔池ダムまでは車で約15分!
ひたすらまっすぐ山に向かって進むイメージです。
それでは簡単に道案内したいと思います。

大野原インター降りてから国道11号線を右に曲がって少し進むとハローズのある交差点が見えてきます。
ここをハローズ側に右折します。

このまましばらくまっすぐ進みます。
大野原支所の前を通り過ぎ、まだまっすぐ道なりに進むと県道8号線との三差路に出ます。
ここを右に曲がります。

ここからはひたすら一本道です!
山に向かってひたすら突き進みましょう。

0101_県道8号から県道9号へ_2018-08-08

山道を走っている途中で▲の写真のような分かれ道が出てきます。
この道を看板にもあるように右側の山を登っていく方に進んでいきます。

0102_豊稔池へ_2018-08-08

少し進むと▲の写真のような分かれ道に出てきます。
右の登っていく方に進むとダム上流の駐車場につながっています。
左の降りていく方に進むとダム下流の遊水公園の駐車場に出ます。

0103_豊稔池の下へ_2018-08-08

遊水公園までの道は車で進むことができます。
結構細いので対向車が来ないことを祈りながら進みましょう(;^ω^)

駐車場について

駐車場は大きく分けて2か所あります。

ダム下流の駐車場

1つ目の駐車場はダムの水が落ちてくる下の豊稔池遊水公園に隣接されたこちらの駐車場。

遊水公園側の駐車場は今年に入ってから新しく整備され、以前に比べてたくさんの車が停めれるようになってより便利になってます。

0104_駐車場_2018-08-08

ダム上流の駐車場

2つ目の駐車場はダムの上あたりにあります。
豊稔池ダムへの道沿いを上流に向かって進み、豊稔大橋を渡ります。

1103_豊稔大橋_2018-08-08

すると広くなっている駐車場が見えてきます。
「五郷へようこそ」と書かれた近隣の案内看板が目印です。
駐車場にはトイレもあります。

1104_のりあいバスのりば_2018-08-08

香川用水記念公園

今回ゆる抜きが行われた豊稔池ダム。

このダムの構造や歴史などを詳しく知りたい!というときには香川用水記念公園の水の資料館がおすすめです。

こちらの施設では豊稔池ダムだけでなく、香川用水や満濃池などの讃岐の水資源についての資料展示や水について学べる器具、映画の上映で映像学習ができるようになっています。

豊稔池ダムについても水の資料館2階常設展示室で紹介されています。
開拓していく様子を年表で紹介されていたり、模型を用いて説明されていてわかりやすいです。

香川用水記念公園については▼にまとめてありますので参考にしてみてください。

香川用水記念公園に行ってきました! / 香川県三豊市