このページを印刷

きたのうどんに行ってきました / 観音寺市

0201_2019-01-12 きたのうどん

こんばんは、ゆり子です。
この記事は観音寺市の「きたのうどん」について書いています。

きたのうどんは観音寺の観光名所の一つでもある琴弾公園にあるうどん屋さんです。

観光地のうどん屋さんって地元の人より観光客向けのうどん屋さんのイメージもあるのですが、きたのうどんは観光客だけじゃなく、地元の人にも愛されたお店です。

あとで読み返すときは「ゆりこめし きたのうどん」で検索してください。よければ讃岐うどん観音寺シリーズもご覧ください。

それでは早速レッツゴー!

きたのうどんについて

0201_2019-01-12 きたのうどん

※情報は2019年2月10日時点の内容です。変更や訂正はご意見BOX / 伝言板からお知らせください。

名称
きたのうどん (キタノウドン)
料理の種類
うどん
所在地
〒768-0062 香川県観音寺市有明町1-36
交通手段など
琴弾公園の中にあります
営業時間
10:30~14:00
※うどんなくなり次第終了
定休日
木曜日
電話番号
0875-24-4423 (カーナビ用)
参考予算
400円~
ホームページ
ぐるなび 食べログ
きたのうどん

大きな小えびのかき揚げ

きたのうどんの看板メニューともいえるのが小えびのかき揚げの乗った天ぷらうどん。
お店の方によると近くの海でとれた小えび(じゃこえび)をかき揚げにしたものです。

カラッと揚がったサクサク香ばしいかき揚げが絶品です。
揚げたてのサクサクも良いけど、出汁を擦ってシュワっと崩れたところもまたおいしい。
レンゲが付いてくるのでレンゲですくって最後まで堪能できます。

そして、味も良いのですが見た目の大きさ!
うどん鉢いっぱいの大きなかき揚げで、満足感があります。

観光名所の中にあるうどん屋さん

観音寺市の観光名所の一つでもある琴弾公園。
その公園の中にきたのうどんはあります。

近くには、桜が満開になる「お花見広場」、金運アップのパワースポットとして有名な「銭形砂絵」、世界各国のコイン・貨幣が展示されている「世界のコイン館」、第68・69代内閣総理大臣であった大平正芳の「大平正芳記念館」、遠浅の白い砂浜の海岸で夕陽のきれいな「有明浜」と「海水浴場」などなど
ここに全部並べるとキリがないので観音寺市のホームページをご覧ください。

そんな観音寺の観光名所でもある琴弾公園の中にあるうどん屋さんです。

きたのうどんで食べたうどん

「きたのうどん」で食べたうどんを紹介します。

好みのメニュー

おすすめメニューはその日の天気や気温とか個人の好みによると思いますので書くのは控えます。その代わりとして、あたくしや旦那はんがよく食べるメニューや食べたメニューを書きたいと思います。

今回は初めての来店だったので、お店の人にオススメを伺ってみました。
するとエビが好きか聞かれましたので「好き」と答えると、この辺で取れた小エビの天ぷらが乗った天ぷらうどん(小エビ)がオススメとのことで注文してみることにしました。

小エビ天うどん

0101_2019-01-12 11.22.41_天ぷらうどん_小えび_小

写真は小1玉です。(2019年1月訪問)

揚げたての天ぷらが熱々のうどんに乗って登場!
天ぷらは小エビがたくさん入ったかき揚げです。
うどん鉢いっぱいの大きな小エビ天です。

まずは揚げたてサクサクの状態のうちに一口。
小エビがカラッと揚がってて香ばしさもあって美味しい!

しばらくすると天ぷらの衣が出汁を吸ってしゅわしゅわに。
スッキリとした出汁とエビの香ばしい風味が合う!

うどんは細めのコシのある麺で喉越しも良かったです。

肉うどん

0102_2019-01-12 11.45.24_肉うどん大

写真は大2玉です。(2019年1月訪問)

こちらも細めの麺です。
そこに牛肉を甘く炊いたものを始め、いろんなトッピングが乗ってます。

牛肉の旨味と甘味が出汁と合わさって食欲をそそります。
お肉も柔らかくて美味しいです

一緒に乗ってる麩が全部の旨味を吸い込んでました。

他にもかまぼこに味玉も乗ってて豪華な肉うどんでした。

メニューと注文方法

きたのうどんはフルサービスの一般店のうどん屋さんです

メニューについて

メニューは色々ありました。

  • かけうどん
  • きつねうどん
  • しょうゆうどん
  • 天ぷらうどん(小えび・大えび)
  • 肉うどん
  • かまあげうどん
  • 釜玉うどん
  • 冷やしうどん
  • ざるうどん
  • ぶっかけうどん
  • 山菜うどん
  • 月見うどん
  • わかめうどん
  • きざみうどん

※2019年1月現在のメニューなのでまた変わるかもしれません。

天ぷらうどんは小えびと大エビの2種類から選べます。
「小えび」が上の食べたうどんでも紹介している小えびのかき揚げ天の乗ったものです。
「大えび」が普通のエビの天ぷらが乗ったえび天うどんです。

他にもうどん定食があり日替わりのおかずとうどん、炊き込みご飯またはおにぎり、お漬物がセットになっています。

うどんの大きさは小(1玉)、中(1.5玉)、大(2玉)から選べます。
中は110円増し、大は160円増しになっていました。

おでんはカウンターのところにあるのでセルフで取りに行きます。
人気小エビの天ぷらは天ぷら単品でも注文することができます。

注文方法について

きたのうどんは後払いタイプのフルサービスの一般店です。

お店に入ったら空いている席に座り、注文して、うどんや天ぷらが席に届いたらいただきますして、食べ終わったらお会計をして、ごちそうさまする感じのお店です。

簡単に入店から退店の流れをまとめてみました。

  1. 好きな席に座ります
  2. お店の人がお冷を持って来てくれます
  3. 食べたいうどんを注文します
  4. 例「小エビ天 小」
  5. おにぎりなどが欲しければ併せて注文します
  6. おでんが食べたければカウンターの近くにあるのでセルフで取ります
  7. お店の人がうどんを持ってきてくれます
  8. それではいただきます!
  9. 食べ終わったら、伝票を持ってレジに向かいます
  10. おでんはセルフなので取っていたら自己申告してお会計をします
  11. ごちそうさまでした!

初めての来店で手順がわからないときはお店の方に聞いたり前の人のやり方を見てマネするといいと思います。

きたのうどんのお店の雰囲気

0201_2019-01-12 きたのうどん

入ってすぐテーブル席になっており、6テーブルほどあります。
店の奥は座敷席が3つ。
全部で40席くらいありました。

0201_2019-01-12 きたのうどん

壁にはメニューがずらーっとかけられています。
お店のおすすめは天ぷらうどん(小えび)だそうです。

おでんはセルフになっており、カウンターのところにおでん鍋が設置されてます

アクセス

場所は観音寺市の琴弾公園の中にあります。

近くには道の駅ことひきや世界のコイン館、観音寺総合コミュニティセンターがあります。

自動車

琴弾公園の中にあるのでまずは琴弾公園を目指します。

カーナビには「道の駅ことひき」とか「世界のコイン館」とセットしたほうが良いかもしれません。
どちらもきたのうどんの目の前にあるので、ここまで来れればスグ分かります。

たびらいレンタカー予約
格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー
全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

公共交通機関

最寄り駅はJR観音寺駅になります。
「きたのうどん」まではだいたい 1kmちょっとのところです。

Googleマップで駅からのルートを確認

徒歩

観音寺駅からきたのうどんまでは徒歩で20分ほどです。

タクシー

観音寺駅からなら5分ほどで到着します。

タクシーは観音寺駅の前に止まっています。
観音寺駅近辺のタクシー会社は次のとおりです

イロハタクシー HP TEL: 0875-25-1682
河田タクシー HP TEL: 0875-25-2918

のりあいバス

観音寺市「のりあいバス」のページ
のりあいバスは国道11号線を除き、どこでも乗り降りできます。
便数が多くなく日曜運休なのでバスの活用は難しいと思います。

こちらの5番「五郷高室線」になります。
ルートマップの左上「琴弾公園(森内科)」が最寄りになります。
バス停から「きたのうどん」までは徒歩10分ほどです。

さぬきうどん全店制覇

その名のとおり香川の讃岐うどん店が全店載っています。
あたくしは生まれも育ちも香川なんですが、いつも行くうどん屋さんは近所の決まったところばかり。 地元民って案外そういうものかもしれません。

なので、リビングに1冊、旦那はんの車の中に1冊。
遠出する or したときに取り出して行先を探したりしてます!