このページを印刷

うどん本陣 山田家 讃岐本店に行ってきました / 高松市

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

こんばんは、ゆり子です。
この記事は高松市の「うどん本陣 山田家 讃岐本店」について書いています。

山田家と言えば登録有形文化財である立派なお屋敷で食べるおうどんです。
まるで時代劇とかに出てきそうな大きなお屋敷から眺める美しい日本庭園は趣きがあります。

また、近くには四国霊場第八十五番札所 八栗寺へ向かうケーブルカー乗り場もあり、県外からのお客様のお接待にもピッタリなお店です。

看板メニューのひとつでもある釜ぶっかけは商標登録されており、ここでしか味わえない美味しさです。

それでは早速レッツゴー!

うどん本陣 山田家 讃岐本店について

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

※情報は2019年8月18日時点の内容です。変更や訂正はご意見BOX / 伝言板からお知らせください。

名称
うどん本陣 山田家 讃岐本店 (ウドンホンジン ヤマダヤ サヌキホンテン)
料理の種類
うどん
所在地
〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3186
交通手段など
八栗ケーブルに向かって行って、乗り場の少し手前。
牟礼に入ると電柱にオレンジ色をした山田家への道案内が目に入ってきます。
営業時間
10:00 ~ 20:00
定休日
年中無休
電話番号
087-845-6522 (カーナビ用)
参考予算
520円~
ホームページ
ホットペッパー 食べログ
WEBサイト
公式サイト 楽天市場 YAHOO!ショッピング 讃岐うどん遍路
動画ページ
特選うどん遍路(2016) さぬきうどん百選
うどん本陣 山田家 讃岐本店

登録有形文化財である立派なお屋敷

山田家は登録有形文化財にも指定されているお屋敷を改装してお店にしています。

座敷席の本館はお屋敷の母屋にあたります。
他にも酒造や長屋門を改装してテーブル席をメインとした離れやお屋敷の美しい日本庭園の中に用意された庭園席でもうどんを食べることができます。

登録商標である「釜ぶっかけ」

釜揚げの麺を水で締めずにそのままぶっかけで食べるうどんメニューです。

モチモチとした麺と小麦の風味を生かしたメニューでこだわりのぶっかけ出汁と卵黄で食べます。

山田家の看板メニューの一つで商標登録されているメニューです。
メニュー表にも「登録商標」の文字が記載されています。

楽天讃岐うどんランキング 上位

楽天市場の讃岐うどんランキングにはいろんなお店のお土産うどんが並んでいます。
その中で常に上位にランクインしているのが山田家の釜ぶっかけセットです。

2019年8月現在の週間ランキングでは3位にランクインしていました。

四国霊場第八十五番札所 八栗寺

四国八十八か所の一つ、第85番札所八栗寺のある五剣山はお店のすぐ裏にそびえています。

この八栗寺への参拝にはケーブルカー「八栗ケーブル」が利用されてます。
ケーブルカーの車窓からは屋島を一望することができます。

八栗ケーブルの登山口駅まではお店からすぐそこの距離にあります。

うどん本陣 山田家 讃岐本店で食べたうどん

「うどん本陣 山田家 讃岐本店」で食べたうどんを紹介します。

過去にも訪問しており、その時に食べたものも併せて紹介します。
また、今後食べたものも追記していく予定です。

釜ぶっかけ、温 & 卵黄

釜ぶっかけ_小_&_卵黄_うどん本陣_山田家_讃岐本店

写真は小1玉です。(2019年8月訪問)

「釜ぶっかけ」は登録商標のメニューです。

卵黄は無しと追加ができます。
今回は卵黄追加しました。

熱々の釜揚げうどんに卵黄と薬味を乗せてあったかいぶっかけダシを回しかけていただきます。

釜玉っぽいのかと思いきやぶっかけダシがいい味してます。
トッピングがレモンとか大根おろしと言ったぶっかけの具材なのであったかいけどさっぱりしていました。

ざるぶっかけ

ざるぶっかけ_大_うどん本陣_山田家_讃岐本店

写真は大2玉です。(2019年8月訪問)

「ざるぶっかけ」は山田家が発祥のメニューです。

つるつるもちもち麺です。
やわコシのある麺はのど越しも抜群です。

トッピングの薬味類は3連皿に乗ってます。
左からすりごま、生姜、レモン、大根おろし、ネギの5種類用意されています。
刻みのりはうどんに最初から乗って登場です。
トッピングを全部乗せて、出汁をぶっかけていただきました。

メニューと注文方法

うどん本陣 山田家 讃岐本店はフルサービスのうどん屋さんです。

メニューについて

メニュー表_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲のメニュー表は2019年8月訪問時の写真です。

メニューはテーブルの上にあるメニュー表を見て選ぶスタイルです。
メニュー表も品のある感じで素敵です。

メニューはいろいろありました。

  • 釜ぶっかけ
  • ざるぶっかけ
  • ぶっかけうどん
  • ざるうどん
  • 釜上げうどん
  • 家族たらいうどん
  • きつねうどん
  • 梅わかめうどん
  • 肉うどん
  • 上天ぷらうどん

期間限定メニューや定食メニューもいろいろありました。

プラス210円で大にすることができます。

サイドメニューは天ぷらの盛り合わせやおにぎり、押し寿司、おでんがあります。
他にも骨付き鶏や懐石、鍋物もありました。
さらにはカフェラテやスイーツなどのカフェメニューまで。

多彩なメニューがあるのでうどんを食べる以外にもお客様の接待や庭園を眺めながらのカフェ利用にと幅広く楽しむことができるお店です。

注文方法について

うどん本陣 山田家 讃岐本店は後払いタイプのフルサービス店です。

お店に入ったら、席に着き、注文し、うどんが席に届いたらいただきますして、ごちそうさまするタイプのお店です。

簡単に入店から退店の流れをまとめてみました。

  1. お店の門をくぐります
  2. 入り口のところで母屋か離れか案内されるので案内された建物に入ります
  3. お店に入ったら空いている席に座ります
  4. 席にあるメニュー表を見て食べたいうどんを注文します
    例「かまぶっかけ」
  5. お店の人がうどんと伝票を持ってきてくれます
  6. それではいただきます
  7. 食べ終わったら伝票を持ってレジに向かいます
  8. お会計をします
  9. ごちそうさまでした

初めての来店で手順がわからないときはお店の方に聞いたり前の人のやり方を見てマネするといいと思います。

うどん本陣 山田家 讃岐本店のお店の雰囲気

お店の中

うどん本陣 山田家 讃岐本店には何度か食べに来たことがあるのですが、いつもこちらの本館の座敷席のほうです。

離れの別館の方にテーブル席もあります。

今回は本館の様子を中心に紹介します。

座敷席_うどん本陣_山田家_讃岐本店

本館は昔ながらの日本家屋の広いお座敷です。
そこにたくさんの机と座布団が用意されています。

床の間には掛け軸とか壷とかが飾られています。
時代劇とかに出てきそうな庄屋さんや大店の家の大広間って感じの雰囲気です。

座敷席_うどん本陣_山田家_讃岐本店

縁側の方のお席からは日本庭園を眺めることができます。
美しく整えられた木々からの木漏れ日が差し込む落ち着くお席です。

お店の外

登録有形文化財にも指定されているお屋敷をまるごとうどん屋さんにしているので店内だけでなくお店の外も見ごたえがあります。

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

駐車場からお店に向かうときまず初めに▲の写真のような門がお出迎えです。

時代劇などで昔の武家屋敷や庄屋さんのお屋敷でよく見かけるような長屋門です。
立派な風格が醸し出されています。

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

門をくぐると中は日本庭園の広がる古いお屋敷です。
お庭は手入れが行き届いているようでとてもきれいです。

足元は砂利が敷かれ、石畳の上を歩いてお店に向かいます。

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲の写真は門のあたりから母屋(本館)を眺めたものです。

旧家屋に松の木が趣があっていいですね。

店舗外観_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲の写真は母屋(本館)の入り口付近の様子です。
提灯の明かりと暖簾がなんだか雰囲気があります。

お庭にはベンチなど腰かけるところもあり、天気のいい日は外で食べることもできるようです。

アクセス

うどん本陣 山田家 讃岐本店は八栗ケーブルの入り口のところにあります。

自動車

入り口_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲道なりに進んできたら入り口が見えます。

牟礼に入ったあたりから気が付かれると思うのですが、町中のあちこちの電柱にはオレンジ色で山田家への道案内が記されています。

電柱に貼られた道案内に導かれながらやってくるとこちらに辿り着きます。

入り口_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲お店の前をそのまま道なりに、正面に見える特徴的な山は五剣山です。

このまま1分ほど進んだところに「八栗(やくり)ケーブル」があり、四国霊場第八十五番札所である八栗寺まで連れて行ってくれます。

駐車場

駐車場_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲こちらはお店の入り口から入ってすぐのところです。

駐車場_うどん本陣_山田家_讃岐本店

▲こちらはお店の正面のところです。

ほかにお店の裏手など駐車場がいくつか分かれています。

広々としていて停めやすい駐車場です。

高速道路から

上り線からは高松中央IC

高松中央インターから「うどん本陣 山田家 讃岐本店」までは下道で20分ほどです。
ちなみに次の高松東インターからでも下道で20分ほどです。

高松東インターはハーフインターです。

下り線からは志度IC

志度インターから「うどん本陣 山田家 讃岐本店」までは下道で14分ほどです。
ちなみに次のさぬき三木インターからでも下道で14分ほどです。

さぬき三木インターはハーフインターです。

公共交通機関

最寄り駅は琴電志度線の八栗駅、JR高徳線の古高松南駅です。

●琴電志度線の八栗駅からは、約1.3km。

琴電志度線 八栗駅前の様子をストリートビューで確認
琴電志度線 八栗駅からのルートをGoogleマップで確認

●JR高徳線の古高松南駅からは、約1.8km。

JR高徳線 古高松南駅前の様子をストリートビューで確認
JR高徳線 古高松南駅からのルートをGoogleマップで確認

徒歩

琴電志度線 八栗駅からは、約1.5kmで18分ほど歩きます。

JR高徳線 古高松南駅からは、約1.8kmで25分ほど歩きます。

自転車 / レンタサイクル

琴電志度線 八栗駅から自転車で約7分ほどです。

JR高徳線 古高松南駅から自転車で約9分ほどです。

高松市のレンタサイクルは次のリンク先をご覧ください。

タクシー

琴電志度線 八栗駅から自動車で約4分ほどです。

JR高徳線 古高松南駅から自動車で約7分ほどです。

高松市のタクシーは次のリンク先をご覧ください。

バス

高松市のバスは次のリンク先をご覧ください。

レンタカー

近くの宿・旅館・温泉

高松市の宿泊施設を「じゃらん」で探す

高松市の宿泊施設を「楽天トラベル」で探す

さぬきうどん全店制覇

その名のとおり香川の讃岐うどん店が全店載っています。
あたくしは生まれも育ちも香川なんですが、いつも行くうどん屋さんは近所の決まったところばかり。 地元民って案外そういうものかもしれません。

なので、リビングに1冊、旦那はんの車の中に1冊。
遠出する or したときに取り出して行先を探したりしてます!