このページを印刷

あづまうどんに行ってきました / 高松市

お店の入り口_あづまうどん

こんばんは、ゆり子です。
この記事は高松市の「あづまうどん」について書いています。

高松市前田東町にある「あづまうどん」。
高松市の東のほう、香川大学付属病院の近くにあります。

オレンジの屋根に山小屋のような雰囲気が目印のお店です。
大きなオレンジ色ののぼりが良く目立ちます。

店内にも席はたくさんあるのですが、ここはテラス席が気持ちいいんです。
広々としていて太陽の光が降り注ぐ開放的な空間です。

「あづまうどん」は平日でも行列が絶えない人気店として有名なうどん店の一つでもあります。
丼に盛られたうどんはツヤツヤの麺でコシもしっかりしていて美味しいです。

高速道路のインターからも近く、遠方からもアクセスしやすいお店です

それでは早速レッツゴー!

あづまうどんについて

お店の入り口_あづまうどん

※情報は2019年8月12日時点の内容です。変更や訂正はご意見BOX / 伝言板からお知らせください。

名称
あづまうどん (アヅマウドン)
料理の種類
うどん
所在地
〒761-0322 香川県高松市前田東町340-1
交通手段など
高松東インターを東へ、香川大学医学部の信号を左(北)へ、すぐ。
営業時間
11:00 ~ 14:00
定休日
水曜
電話番号
087-847-6111 (カーナビ用)
参考予算
220円 ~
ホームページ
ぐるなび ホットペッパー 食べログ
WEBサイト
讃岐うどん遍路
動画ページ
特選うどん遍路(2018) 特選うどん遍路(2010)
あづまうどん

お店の外にはテラス席

季節や天気が良いときはテラス席で食べるのが気持ち良いです。

あたくしが行ったときは6月の割と天気が良いときで暑かったのですが、テラス席にも扇風機があったり日よけがあったりで暑すぎるって感じではありませんでした。

もちろん店内のテーブル席、座敷席で食べることもできます。

高松東インターから数分

高松東インターを降りたら2つ目(医学部北)の信号を左折してスグです。

高松東インターは東向きに下りて西向きに乗るハーフインターなので、徳島とか淡路島のほうからやってきた場合は、手前の「さぬき三木インター」から5分ほどになります。

あづまうどんで食べたうどん

「あづまうどん」で食べたうどんを紹介します。

また、今後食べたものも追記していきます。

ぶっかけうどん、冷

ぶっかけうどん_冷_小_あづまうどん

写真は小1玉です。(2019年6月訪問)

つるっとしてコシのあるうどんです。
麺がツヤツヤと輝いています。
見るからにおいしそうです。

てんかす、ねぎ、大根はセルフで乗っけました。
のど越しの良い麺に美味しいぶっかけ出汁が絡んでさっぱりして食べやすいです。
暑い日に食べたい一杯です。

あっとあうまにペロリと完食です。

天ぷら

ちくわ_あづまうどん

サイドメニューのちくわの天ぷらです(2019年6月訪問)

タイミングよく揚げたてでした。
衣サクサクでおいしかったです。

メニューと注文方法

あづまうどんはセルフサービスのうどん屋さんです。

メニューについて

メニューはいろいろありました。

  • かけうどん
  • ひやかけうどん
  • ざるうどん
  • 冷やしうどん
  • 湯だめうどん
  • 釜かけうどん
  • 釜揚げうどん
  • ぶっかけうどん
  • 釜玉ぶっかけうどん
  • 肉うどん
  • 肉ぶっかけ

大きさは小(1玉)、大(2玉)の2種類から選べます。

サイドメニューは天ぷらやおにぎり、いなり、おでんがあります。

※2019年6月現在のメニューなのでまた変わるかもしれません。

注文方法について

あづまうどんは先払いのセルフ店です。

お店に入ったら、注文し、うどんを受け取り、サイドメニューを取ったらお会計をし、席に着き、食べて、器を返却口に持っていき、ごちそうさまするタイプのお店です。

簡単に入店から退店の流れをまとめてみました。

  1. お店に入ったらお冷を取ります
  2. 次にお盆を取ります
  3. 天ぷらなどのサイドメニューがあるので欲しければ取ります
  4. うどんの注文をします
    例「かけうどん 小」
  5. うどんが入った丼を受け取ります
  6. 薬味コーナーでねぎや生姜、天かすをお好みで乗せます
  7. レジへ進み、お店の方が値段を言ってくれるので支払います
  8. 好きな席に座り、いただきます
  9. 食べ終わったら、返却口まで持って行きます
  10. ごちそうさまでした

初めての来店で手順がわからないときはお店の方に聞いたり前の人のやり方を見てマネするといいと思います。

あづまうどんのお店の雰囲気

店内の雰囲気

店内の雰囲気_あづまうどん

▲の写真はお店の中です。

木の温もり感じるテーブルやいすなどの家具が山小屋風の作りの店内の雰囲気と相まって暖かな空間を醸し出しています。

奥の方には座敷席もありました。

外の席_あづまうどん

▲こちらはテラス席です。

広々としていて太陽の光が降り注ぐ開放的な空間です。
椅子が丸太を切ったものだったりとこちらも山小屋とかロッジのような感じで雰囲気ありますねぇ。

柱とかに使われている木材も「木」って感じの丸太材だからかな?
なんだか落ち着きがあって癒されるお店です。

テーブル席_あづまうどん

▲テーブルの上はこんな感じです。

七味やしょうゆ、ソースが用意されています。
竹筒の箸立てが良い雰囲気してますねぇ。

ティッシュの横に立てられているプレートは食器返却時のお店からのお願いが書かれていました。
混雑解消のための工夫のようです。

野菜コーナー_あづまうどん

▲こちらは100円野菜コーナーです。

棚にいろんな野菜が袋詰めされておかれています。
設置されている箱に100円入れて持って帰るシステムです。

田舎とかでよく見かける無人の野菜販売所みたいな感じですね。

茄子とかインゲンとかが袋に入っていたんですけど、どれもつやつやでみずみずしいおいしそうなお野菜ばかり。
袋にいっぱい入っていて主婦的には「え、これ1袋が100円!?めちゃお得やん!!」ていう安さでした。

アクセス

あづまうどんは高松東インターから1分のところにあり、近くには香川大学医学部があります。

自動車

東方面から西に向いてきた場合_あづまうどん

▲香川大学医学部のほうから回りこんできたらこの方向。

高松東インターからでもさぬき三木インターからでも、東バイパスを香川大学医学部に向かって進み、香川大学医学部北の交差点を南方向(医学部とは反対方向)に折れます。

少し進むと左手に見えてきますので突き当りを左折してスグです。

西方面から東に向いてきた場合_あづまうどん

▲小蓑前田東線を東に向かって来たらこの方向。

右手に大きな駐車場と赤い屋根が目印です。

駐車場

駐車場_あづまうどん

▲お店に隣接して大きな駐車場があります。

広々としており停めやすい駐車場です。

高速道路から

上り線からは高松東IC

愛媛県、高知県、瀬戸大橋方面から高速道路を走ってくるなら高松東インターが最寄りのインターチェンジです。

高松東インターから「あづまうどん」までは下道で1分ほどです。

高松東インターはハーフインターです。

下り線からはさぬき三木IC

香川県東部、徳島県東部、淡路島のほうから高速道路を走ってくるならさぬき三木インターが最寄りのインターチェンジです。

さぬき三木インターから「あづまうどん」までは下道で5分ほどです。

さぬき三木インターはハーフインターです。

公共交通機関

最寄り駅は琴電長尾線の西前田駅、もしくは、高田駅です。

●琴電長尾線の西前田駅からは、約2km。

琴電長尾線 西前田駅前の様子をストリートビューで確認
琴電長尾線 西前田駅からのルートをGoogleマップで確認

●琴電長尾線の高田駅からは、約1.9km。

琴電長尾線 高田駅前の様子をストリートビューで確認
琴電長尾線 高田駅からのルートをGoogleマップで確認

徒歩

琴電長尾線 西前田駅からは、約2kmで26分ほど歩きます。

琴電長尾線 高田駅からは、約1.9kmで25分ほど歩きます。

自転車 / レンタサイクル

琴電長尾線 西前田駅から自転車で約9分ほどです。

琴電長尾線 高田駅から自転車で約9分ほどです。

高松市のレンタサイクルは次のリンク先をご覧ください。

タクシー

琴電長尾線 西前田駅から自動車で約5分ほどです。

琴電長尾線 高田駅から自動車で約5分ほどです。

高松市のタクシーは次のリンク先をご覧ください。

バス

高松市のバスは次のリンク先をご覧ください。

近くの宿・旅館・温泉

高松市の宿泊施設を「じゃらん」で探す

高松市の宿泊施設を「楽天トラベル」で探す

さぬきうどん全店制覇

その名のとおり香川の讃岐うどん店が全店載っています。
あたくしは生まれも育ちも香川なんですが、いつも行くうどん屋さんは近所の決まったところばかり。 地元民って案外そういうものかもしれません。

なので、リビングに1冊、旦那はんの車の中に1冊。
遠出する or したときに取り出して行先を探したりしてます!