このページを印刷

道の駅 霧の森への行き方 / 霧の森

0202_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.24.30-ILCE-6000

こんばんは、ゆり子です。
この記事では道の駅 霧の森への行き方について掲載しています。

あとで読み返すときは「ゆりこめし 霧の森 行き方」で検索してください。よければ霧の森シリーズもご覧ください。

それではレッツゴ―

アクセス

高知自動車道の新宮ICを降りてすぐです。

※距離と時間は目安です。

高速道路から

0201_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.22.21-ILCE-6000

▲インターチェンジを降りてすぐの場所です。突き当りを左方向に進み、数分で到着します。

上り線からも下り線からも最寄りのインターチェンジは高知自動車道の新宮ICです。

新宮ICに着いてからの道順はこちら

香川県から

高松自動車道の西端のインターチェンジ「大野原IC」からは、約 26km で20分くらいです。

高松中央ICからは約80kmで1時間くらいです。

大野原ICから西へ、豊浜SAを超え、川之江JCTを高知方面(左)へ、川之江東JCTを高知方面(左)へ進み、新宮ICで下ります。

愛媛県から

松山自動車道の東端のインターチェンジ「四国中央IC」からは、約16kmで15分くらいです。

西条ICからは約49kmで40分くらいです。

松山ICからは約100kmで1時間15分くらいです。

四国中央ICから東へ、上分PAを超え、川之江JCTを高知方面(左)へ、川之江東JCTを高知方面(左)へ進み、新宮ICで下ります。

徳島県から

徳島自動車道の西端のインターチェンジ「井川池田IC」からは、約34kmで30分くらいです。

徳島ICからは約108kmで1時間25分くらいです。

井川池田ICから西へ、池田PCを超え、川之江東JCTを高知方面(左)へ進み、新宮ICで下ります。

高知県から

高知自動車道からだと、新宮ICの1つ前は「大豊IC」で、約20kmで20分くらいです。

南国ICからは約43kmで40分くらいです。

高知ICからは約50kmで45分くらいです。

高知IC、南国SA、南国IC、大豊IC、馬立PAときて次の新宮ICで下ります。

岡山県から

岡山県の南端、児島ICからは約77kmで1時間くらいです。

岡山ICからは約112kmで1時間25分くらいです。

瀬戸大橋を渡ってからは、▲の「香川県から」をご覧ください。

淡路島方面から

明石海峡大橋から淡路島を通ってくるルートです。
本州側の南端、垂水ICからは約194kmで2時間30分くらいです。

四国に入ってからは、鳴門JCTを高松方面(高松自動車道)に進み、鳴門西PAを過ぎ、板野ICで高速道路から下ります。

板野ICを降りたらそのまままっすぐ「徳島道」の案内があるほうに進んでいきます。10分掛からないくらいで緑色の「藍住IC」の標識が出てきます。

「藍住IC」から徳島自動車道に乗り、「松山・高知」方面に進みます。

ここからは▲の「徳島県から」をご覧ください。

広島県から

しまなみ海道を通るルート、尾道大橋ICからは約146kmで2時間くらいです。

福山西ICからだとわずかに瀬戸大橋を渡るルートのほうが早く、約161kmで2時間くらいです。

※距離と時間の関係は制限速度の違いだと思います。

香川県観音寺市に住むあたくしの個人的な意見ですが、大三島から岡村島までの橋が繋がれば良いなぁなんて思います。
ちなみに今は、大三島ブルーラインフェリーで大三島から岡村島まで行けます。(普通車と家族で4,000円程度)
安芸灘とびしま海道を走ってみたいです。

ETC2.0について

新宮ICはETC2.0のサービスが実施されています。

ETC2.0とは国土交通省が開始した「高速道路からの一時退出を可能とする実証実験」のことです。

サービス実施ICから一時退出後、道の駅などの指定の施設に立ち寄りETC2.0送受信機を通過した車に限り、IC退出後1時間以内であれば目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金になります。

1回高速から降りるとそこまでの料金がかかり、そこから改めて乗って最終目的地まで行くとどこにも立ち寄らずに行った時よりも高速料金が多くかかってしまいますよね。

ちょっとお土産買うのに立ち寄りたいな、トイレ休憩や食事に寄ろうかなって時など1時間以内で済むようなときに便利でお得なサービスです。

利用するには、ETC2.0搭載車であることや対象のICでの乗り直しかつ順方向の利用のみ(上りで降りて下りに乗って帰るのは対象外)、対象の道の駅に立ち寄らなければならないなどの条件があるみたいです。

詳しくはETC総合ポータルサイトに詳しく載っていますのでご確認ください。

一般道から

0203_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.29.19-ILCE-6000

一般道からはいろいろルートがありますが四国中央市の192号線から入っていくルートで案内したいと思います。

山道に入っていくので、前提としてガソリンスタンドは無いものと思って余裕を持っていくことをお勧めします。

始まりの地

国道11号線のマクドナルドがある交差点のところから始めたいと思います。
付近には、ケーズデンキ四国中央店、ハローズ川之江モール店などがある交差点です。

この交差点を南へ山の方に向かって進みます。

ここからの所要時間はだいたい30分です。

土居や新居浜のほうから新しいほうの11号線で来た場合は、四国中央ICの入り口のところを過ぎた先の大きな交差点、192号線を右折します。

192号線をずーーっと進んでいくと、県境のトンネルを超えて徳島県に入るあの道です。

しばらく進んで、す。

目印になるようなものがなく案内が辛いのですが、1つ目の高速道路の下をくぐり、左手のローソンを通り過ぎ、「梅錦」の看板のある石川友一商店を通り過ぎてもう少し進みます。

この辺りになると道路上の青い標識に「大豊」「新宮」「5号」の文字が見えてきますので、青い標識に注意して進みます。

192号線から5号線に右折

5号線に右折する三叉路の直前には「道の駅霧の森」の標識も出現します。

さらにこの三叉路には霧の森の大きな看板があります。

道の駅 霧の森までは14kmとの案内です。

部分的に一車線の個所がありますが、基本的には二車線で舗装されている道路なので走りやすい道だと思います。

新宮インターチェンジ

基本的には道なりの1本道で、左折・右折するところもありますが霧の森への標識があるので分かりやすいと思います。

ひたすら山道を進んでいくと新宮ICの入り口が見えてきます。

ここまで来ればあともう到着したようなものです。

新宮ICを降りたところの看板にも「霧の森 0.8km」の看板があります。

駐車場

0204_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.31.07-ILCE-6000

▲駐車場です。

写真右上の青色の標識は道の駅 霧の森を指しています。
高速道路を降りて進んできたらスグに分かります。

写真右の緑色の建物のところでは日曜のみ青空市が開催されており、その右には「EV QUICK」がありあす。

左に少し見えているのはトイレです。

たびらいレンタカー予約
格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー
全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

公共交通機関

最寄り駅はJR伊予三島駅になります。

駅前の様子をストリートビューで確認

Googleマップで駅からのルートを確認

徒歩

徒歩だと休憩なしで5時間くらいですが、山道なのでもっと掛かると思います。

だいぶ辛いと思いますので自己の管理のもとお願いします。

レンタサイクル

伊予三島駅付近のレンタサイクルは調査中です。

ちなみに自転車だと、1時間40分くらいの距離ですが、やっぱり山道なのでもっと掛かると思います。

タクシー

伊予三島駅からタクシーだと40分くらいで到着します。

のりあいバス

霧の森 公式サイトのこちらのページによると、1日2便JR伊予三島駅からの路線バスがあります。

ダイヤなどは変わるかもしれませんので、公式情報にて確認をお願いします。

新宮ICから霧の森までの道案内

高速道路から来られる場合、一般道から来られる場合、どちらの場合でも最初の目印としては「新宮インターチェンジ」になります。

0201_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.22.21-ILCE-6000

↑は、高速道路の新宮インターチェンジで降りた最初のT字路のところです。

ちょっと分かりづらいですが、写真の左下のところには看板がいくつか並んでいます。

↑の左下のところを拡大したのが↓です

0202_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.24.30-ILCE-6000

緑の看板、左折して800mで霧の森

青の看板、右折して15kmで霧の高原

と書かれています。

左折して霧の森に向かいます。

0203_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.29.19-ILCE-6000

しばらく行くとこのようなところに辿り着きます。

ここの左側が駐車場になっているので、入っていきます。

0204_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.31.07-ILCE-6000

正面に見えているのは「霧の森 青空市 かほり」で日曜みの営業となっているようです。

「霧の森 青空市 かほり」の裏手側にも駐車場は広がっています。

その右側には「EV QUICK」があります。

0205_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.31.45-ILCE-6000

車を停めたら、入ってきた道路のほうに向かいます。

道路を横断して入っていきます。

0206_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.32.28-ILCE-6000

左側が階段で、右の赤い地面のほうはスロープになっています。

0207_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.36.56-ILCE-6000

階段・スロープを降りたら橋を渡っていきます。

0208_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.37.45-ILCE-6000

橋の下は馬立川が流れていて、川辺で水遊びができます。

0209_道の駅「霧の森」への道のり_2018-07-26 09.37.24-ILCE-6000

橋を渡った先に道の駅「霧の森」の施設がいろいろあります。

↑の写真だと、橋を渡った正面に「イベント広場」が、左側の建物は「交湯~館」、右側の建物は「ふれあい館(総合案内所)」が見えます。

「ふれあい館」からさらに右奥に進むと、「霧の森レストラン」、「霧の森茶フェ~ゆるり~」、「街道茶店 聴水庵」があります。

近くの宿・旅館・温泉

近くには、霧の森コテージなどがあります。

四国中央市の宿泊施設を「じゃらん」で探す

四国中央市の宿泊施設を「楽天トラベル」で探す

霧の森の関連ページ目次

霧の森について下記のページもご覧ください。