このページを印刷

霧の森菓子工房 新宮本店に行ってきました / 霧の森

0301_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 09.43.24-ILCE-6000

こんばんは、ゆり子です。
この記事では霧の森大福や霧の森について掲載しています。

霧の森菓子工房 新宮本店では新宮のお茶を使ったスイーツや茶葉、工芸品や雑貨の販売が行われています。
有名な「霧の森大福」が購入できるのもこちらの店舗になります。

ホームページによると、松山店やインターネットでも販売を行っていますがこの新宮本店が中心的存在で、作り立ての商品が並ぶことから鮮度は抜群だそうです!

それではレッツゴ―

霧の森菓子工房 新宮本店について

0301_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 09.42.04-ILCE-6000

※情報は2018年12月10日時点の内容です。

名称
霧の森菓子工房 新宮本店 (キリノモリ カシコウボウ シングウホンテン)
料理の種類
大福、和菓子、洋菓子
所在地
〒799-0301 愛媛県四国中央市新宮町馬立
営業時間
10:00 ~ 17:00
定休日
月曜定休
祝日の場合は火曜休
4月~8月は無休
ホームページ
公式ホームページ
参考予算
1,000円 
霧の森菓子工房 新宮本店

販売している商品について

代表的な商品は何と言っても「霧の森大福」ですが、他にも和菓子、洋菓子といろいろなスイーツが販売されていました。
季節限定のスイーツもありました。

また、新宮の美味しいお茶やそれに合わせた茶器の販売もあります。

他にも四国中央市は紙の町としても有名で、地元の工芸品として水引細工や紙を使った小物などのおみやげ物も置かれています。

霧の森茶フェの営業時間など

営業時間は10:00~17:00ですが、人気のため10時前には行列ができていることもあります。

定休日は月曜日で、月曜日が祝日の時は火曜日が定休日になります。
1年中営業を行っているお店ですが、4月~8月は定休日なしの無休での営業になるみたいです。

霧の森菓子工房の場所

ふれあい館の下の通路を通って、霧の森レストランの前を通り過ぎた霧の森内の1番奥の建物の一つが霧の森菓子工房 新宮本店です。

白い大きな建物の前には階段があるのですが、休日ともなれば粉階段の下のまだ向こうの方まで霧の森大福を求めて大行列ができています。

工房の横には池があり、たくさんの鯉が優雅に泳いでいました。
人懐っこい鯉なのか?餌をくれると思ったのか?はわかりませんが池に近づくと一気にたくさんの鯉が集まってきて面白いです。

霧の森大福とは!?

0101_霧の森大福_2018-07-26 16.12.23-ILCE-6000

霧の森大福は愛媛県四国中央市新宮町で作られている抹茶大福です。

4層構造になっており、中心には生クリーム、その周りにはこしあん、それを抹茶が練り込まれたお餅で包み、お餅の表面にも抹茶がたっぷりとまぶされています。

そのため香りも良く上品な甘さで老若男女問わず人気の高い大福でお取り寄せは抽選になるほどです!

霧の森大福について詳しくは▼をご覧ください。

霧の森大福を買ってきました / 霧の森

霧の森大福購入のポイント

全国的に人気の霧の森大福。

無事にゲットして美味しく持ち帰るための個人的に感じたポイントをお教えします!

平日が狙い目

土日・祝日やゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆と言った大型連休はたくさんの方が霧の森大福を求めて来店されるそうです。

実際に、以前日曜日に来店したときは開店30分前にはすでに行列ができてました。
天気も良く、割と暑い日だった記憶があるのですが、入り口下の階段からまだ向こうのレストランのあたりまでずらっと並んでいました。

今回は平日を狙って行ったのと、40度近い猛暑の中だったということもあってか開店15分前で3~4組の家族が並んでいるくらいの余裕がありました。

やっぱり平日が狙い目なのかな?

ただ、暑い中並ぶ際は帽子やタオル、日傘などで暑さ対策を取ることをお勧めします!

冷凍と冷蔵の2種類選べる

霧の森大福は冷蔵タイプと冷凍タイプの2種類あります。

お近くにお住まいで、すぐに持って帰って食べるという方であれば冷蔵タイプがおすすめかな?
県外などの遠方の方で特に暑い時期だったりすると冷凍タイプの方が良いと思います。

冷凍タイプの解凍は付属の説明書によると冷蔵庫で4~5時間とのことです。

また保冷バッグもプラス100円で付けてくれます。
購入の際に店員さんに「保冷バッグはどうされますか?」と聞かれますのでその時にお伝えしましょう。
冷凍タイプの物は常温で解凍していると結露ができてくるので保冷バッグを合わせて購入するのが良いと思います。

購入商品の一時預かり

霧の森大福などの人気商品を確実にゲットするため、他のカフェや施設には寄らず一番に菓子工房に来られる方がほとんどではないでしょか?
あたくし達ももちろん毎回そうしています。

でも、購入した後にカフェに寄ったり川辺を散策したり・・・ってなるとせっかくの大福が手をふさいでしまったり、暑さでクリームがだれたり傷んだりしないか心配になりますよね。

そんな時に助かるのが購入した商品の一時預かり!

購入の際にレジの店員さんに一時預かり希望の旨を申し出ると当日の閉店17時までの間でしたらお店で預かってくれます。

引き換えの番号札を渡されますので、帰りに商品と引き換えて持って帰ることができます。

預けている間はお店の冷蔵庫、冷凍庫で管理してくれているので安心して川遊びや散策、カフェや茶店でまったり~なんてことができるので嬉しいサービスです。

我が家も毎回利用しておりオススメのサービスです。

霧の森菓子工房 新宮本店の雰囲気

お店の中

0302_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.33.15-ILCE-6000

建物の入り口から入ると長い廊下があります。

壁には新宮の茶葉の写真が飾られています。

0302_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.33.24-ILCE-6000

廊下の奥には菓子工房のショーケースが見えてきます。

0304_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.34.41-ILCE-6000

店内のショーケースには霧の森のお茶で作った抹茶ムースや生チョコ、抹茶フォンダンショコラと言った洋菓子。

菓子工房の隣のカフェや茶店でも定番メニューとなっている抹茶の霧の森ロールやチャーズケーキ(チーズケーキ)、抹茶やほうじ茶のプリン、水ようかんなどおいしそうな和、洋のスイーツがたくさん!

季節限定発売のほうじ茶ゼリーやプレーン味の霧の森ロールも販売されていました。

0305_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.35.05-ILCE-6000

店内は広々としており、2階はギャラリーのようになっているみたいです。

0305_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 10.05.42-ILCE-6000

お土産コーナーの前にはベンチが置かれ、腰かけてゆっくりとおみやげ物を選べます。

0306_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.34.22-ILCE-6000

お土産コーナーに置かれている新宮茶は煎茶だけでもいろんな種類がありました。

もちろん煎茶以外にも玄米茶やほうじ茶などいろんな種類のお茶がそろっています。

0306_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 10.06.11-ILCE-6000

お茶の詰め合わせや茶器の販売もされていました。

0303_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 10.00.33-ILCE-6000

また、地元の工芸品として水引細工やキーホルダーなどもありました。

0303_霧の森菓子工房_新宮本店_2018-07-26 13.34.51-ILCE-6000

スイーツ以外にも美味しいお茶などをお土産にするのも良いですね。

霧の森のページ

霧の森について書いたページをまとめました。行かれる際はぜひ参考になさってみてください。