このページを印刷

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーを買ってみました

本体_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

こんにちは、ゆり子です。
アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカー‎IYM-013」を購入したので感想などをまとめました。

なんか最近腸活って言葉をよく耳にして、ヨーグルトとかよく食べるようになったんです。
で、前から気になっていたのが「手作りヨーグルト」なんです。

もちろんメーカーさんが販売しているヨーグルトはめちゃくちゃおいしいんですが、自分で作れるっていうのを聞いて作ってみた意欲が出てたんです。
でも温度管理が難しく、下手したら雑菌が繁殖して食中毒とかってのも怖くて今まで手を出さなかったのもあります。

なんか良い物は無いかなと何気なくAmazonを見ているとアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが目に留まりました。
見てみると簡単で衛生的に自家製ヨーグルトが作れ、しかも1℃刻みの細かい温度設定もできるとのこと。
さらにはヨーグルト以外にも甘酒や低温調理の肉料理とかもできるみたい。

これならズボラなあたくしでもできそうと思い購入してみました。

購入した商品はこちら

本体_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

今回購入した商品はこちら の「ヨーグルトメーカー」です。

ヨーグルトメーカーと一口に言っても、いろんなメーカーから多種多様なタイプの商品が出ています。
今回はアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。
アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーだけでもいろんな種類があるのですが、これはIYM-013という品番のエクストラタイプになります。

同社の他のヨーグルトメーカーにはなかった飲むヨーグルトが作れる機能がついたのと、色々使える便利なオプションパーツが豊富なことでこの商品に決めました。

購入できるところ

実際にあたくしが使ってきて気に入っているこちらの商品はAmazonとか楽天市場で購入することができます。

販売ページにももう少し詳しく商品説明など載っていますので、詳しくは下記からご覧ください。

実際に作ってみる

実際に使っていろいろ作ってみようと思います。
牛乳の量や種となるヨーグルトの量、詳しい作り方等は付属のレシピ本に載っているのでそれを参考にしてみてください。
また、使用前はスティックやスプーンなどの付属品を熱湯消毒してから使用しています。
熱湯消毒の仕方も取説に開かれているのを見てそのまま行っています。

ヨーグルト

9時間ほどで完成です。
冷蔵庫で冷やして朝ごはんにいただきました。
初めて作ったので、どんなもんかなと気になっていたのですが、ちゃんとヨーグルトです。
酸味はちょっと控えめですが、酸っぱいプレーンヨーグルトが苦手なあたくし的にはちょうどよくて美味しかったです。

詳しい作り方などは▼から

「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー」で手作りヨーグルトを作ってみました

飲むヨーグルト

酸味は控えめでまろやかな味わいです。
市販されている飲むヨーグルトはサラサラとした飲み口なのですが、これはちょっとトロっとした感じに仕上がりました。
これはこれで美味しかったです。
果物と一緒にラッシーやヨーグルトドリンクにしてたらあっという間に飲みきってしみました。

詳しい作り方などは▼から

「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー」で飲むヨーグルトを作ってみました

甘酒

甘酒って自宅で作るにはかなり手間がかかります。
温度管理も結構難しいし、ってことで甘酒は買うものって感じでした。
それがボタン一つで後ほったらかしでできます!
お味はお砂糖入れなかったんですが、糀の自然な甘みがあって優しいお味です。
しかも糀の粒々がしっかりあるのが良かったです。

詳しい作り方などは▼から

「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー」で甘酒を作ってみました

実際に使ってみてのおすすめポイント

購入して実際に使ってみて実際にどうだったのかも踏まえつつ書いてみたいと思います。

牛乳パックのまま作れる

牛乳パックをそのままスポッてセットして作ります。
なので移し変えたりする手間も無く、簡単に作れます。

牛乳パックを買ってきてそのままセットだから触ることも少なくて衛生的に自家製ヨーグルトが作れました。
また、飲むヨーグルトも牛乳パックのままから作れるので衛生的でおいしく、まろやかな飲むヨーグルトができます。

1度刻みの細かい温度設定機能

1度刻みで25℃~65℃まで細かく温度設定をすることができます。
細かく設定が出来るので作れる料理もいろいろあります。

だいたい25~27℃でカスピ海ヨーグルトや天然酵母が作れ、30~35℃で水キムチ、40℃でヨーグルトやフルーツビネガー、サワークリームができます。
45℃でなんと納豆もでき、60℃だと甘酒、65℃だとローストビーフやチャーシューと言った低温調理の肉料理ができます。

細かな温度設定機能でヨーグルトから肉料理まで幅広く作れました。

自動メニューでお手軽簡単

プレーンやカスピ海と言ったヨーグルトや甘酒、塩麹、飲むヨーグルトは自動メニューボタンがあります。
ボタンをセットするだけで各メニューにピッタリな温度や時間を設定してくれます。

一々、これ作るんやったら何度で何時間~みたいなのを確認しながらセットしなくて済むのでお手軽に作れます。
特に飲むヨーグルトやプレーンヨーグルトはよく作るものだからワンタッチでセットして作れるのは便利だなと思いました。

オールカラーのレシピブック付き

これは本体に付属しているレシピブックです。
これが結構本格的な冊子になっています。

こういった家電についてくるレシピ冊子って白黒で数ページのパンフレット的な小冊子がよく見かけるだけに本屋さんで打っているようなレシピ本のようなものが入っていたのには驚きました。

中身もオールカラーで写真がついて分かりやすいレシピで、しかもフードコーディネーターが監修したオシャレで美味しそうなものが29種類も掲載されていました。
何種類か見ながら作ったのですが、簡単でとっても美味しく作ることができました。

便利なオプションパーツ付き

本体に加えてついてくるのがオプションパーツです。
詳しいオプションパーツの内容の紹介は下に書いておきます。

計量スプーンや牛乳パック用のクリップなんかは、一般的なヨーグルトメーカーにも付属されているのですが、それに加えてギリシャヨーグルト用の水切りカップや混ぜ棒、保存用の容器が付いてくる内容量。

一々追加で容器や何やを用意しなくても牛乳とヨーグルトさえ買って来たらすぐに作れるセットでべんりです。

「ヨーグルトメーカー」を開封

今回Amazonで注文したのはアイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカー‎IYM-013」です!
Amazonで「ヨーグルトメーカー」で検索して出てきた中からチョイスしました。

梱包・包装

Amazonで注文して2~3日で届きました。
お馴染みのAmazonの段ボールに入っていました。
今回は他にもいろいろ注文してたので大きな段ボールでまとめて届いたので写真は省きます。

パッケージ

パッケージ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

箱の大きさはだいたい本体の大きさそのままといった感じです。

いろんなヨーグルトが作れるみたいです。

付属品、設定可能温度やタイマー設定可能時間の記載もあります。

パッケージ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

パッケージ側面には作れる物の一例が写真付きで載っていたり簡単な作り方も載っています。

パッケージ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

裏面には甘酒の写真。
表面の色違い、写真違いって感じです。

パッケージに含まれるもの

パッケージに含まれるもの_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

箱の中から付属物を取り出しました。

商品本体の他には取扱説明書とレシピブック、オプションパーツが入っていました。

写真が白背景に白っぽいものなので見えづらくてごめんなさい。

本体

本体_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

本体はこんな感じです。
コンセントタイプに差して使うタイプです。

本体パーツ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

タイマーや温度はここのボタンを押してセットします。

本体パーツ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

上のドームっぽいのは蓋で、ここを取り外して牛乳パックなどをセットしてまた蓋をして発酵させます。

付属品

付属品_レシピブック_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

レシピブックと取説です。
レシピブックはオールカラーで写真も多く分かりやすいです。
掲載されているレシピもフードコーディネーターが監修したオシャレで美味しそうなものが29種類もあります。

付属品_オプションパーツ_アイリスオーヤマ_ヨーグルトメーカー_2022-03-16

オプションパーツです。

計量スプーン、牛乳パック用のクリップ、ギリシャヨーグルト用の水切りカップや混ぜ棒、保存用の容器が入っています。

保存用の容器は内容量900mlのものが2個ついてきます。