このページを印刷

宅麺の「麺場voyage 帆立キノコ潮味」を調理してみました / ラーメンの通販

20200623_c_買ったもの_宅麺_014_麺場voyage_帆立キノコ潮味

こんにちは、ゆり子です。
この記事では宅麺.comの「麺場voyage 帆立キノコ潮味」について掲載しています。

自宅で本格ラーメン、宅麺シリーズ第14弾は、麺場voyage 帆立キノコ潮味 にしました。

こちらは宅麺.com の塩ラーメン部門4位。(2020年6月時点)
宅麺初心者ということで、無難にランキング上位を試してみました。

麺場voyageは東京都蒲田にあるお店です。
キノコの魅力にひかれた店主がオープンしたお店が、「麺場ながれぼし」「MILE STONE」そして、今回宅麺でお取り寄せしたお店「麺場voyage」です。

スープは生帆立からとったものでスープを口に含んだ瞬間、ふわっと帆立の香りと旨みが口いっぱいに広がるそうです。
宅麺の商品説明を読み進めていくと「特注細ストレート麺はスープに馴染みやすく、あっさりとしたスープとの相性は抜群」とあります。
さらにホタテの肝などから作った緑色の香味油、キノコを揚げた特製キノコフレーク、そして岩ノリをトッピングとして使用することで、帆立、キノコ、磯の豊かで芳醇な香りと旨みとコクをプラスしてくれるとのことです。

それでは早速レッツクッキング!

購入するには

そもそも宅麺って何?って方やどこから購入したら良いか分からない、というご意見を頂いたのでまずは購入ページをご案内します。

主要ページへのリンクをまとめましたので▼よりご覧になってみてください。

我が家の場合は1回の注文でまとめて4つか6つ買うことが多いです。
旦那はんと2人なので2食分か3食分です。賞味期限は40日なのでその間に2~3回は食べれるって計算です。

▼こちらは我が家で愛用している丼です。
「ザ・ラーメン鉢」といった感じでラーメンって言えばこの丼ですよね。

賞味期限・保存方法

宅麺.comの商品ページによると発送から40日になっています。
届いた商品を見てみると袋の上の方に賞味期限の日付がシールで書かれていました。

保存方法は要冷凍で、配送時もクール便で届きます。
届いたらすぐに冷凍庫に入れます。

いくつかまとめて注文するときは冷凍庫内の空きスペースを確保しておいたほうが良いですね。

麺場voyageについて

▲の写真は宅麺.comより

こちらの写真は宅麺.comに掲載されている商品写真です。
同じメニューを食べログで探してみたのですが、ちょっとよく分かりませんでした。
ただ同じ器のラーメンが載っていたり、2017年頃まで遡っていくと、同じメニュー名のラーメンを食べた方の写真が投稿されていました。
でも盛り付けとか器とかがちょっと違うかな。
コメントを見ると「イベントで食べた」ものとあるので、もしかしたらイベントなどの特別な時用のメニューなのかもしれませんね。

透明感のある澄んだスープ。
黄金色にキラキラと輝いています。

具材は大きなチャーシューにネギに・・・
後のはなんだろう黒いのに茶色いフレーク状の物。

ちょっと調べてみると黒いのは岩ノリで茶色のフレーク状のものはキノコのフレークでした。
あまり見ない組み合わせでワクワクとドキドキが止まりません。

店舗情報

店舗名
麺場voyage(メンバ ボヤージュ)
所在地
〒144-0052 東京都大田区蒲田4-37-7 (MAP)
WEBサイト
宅麺.com 食べログ

麺場voyageは東京都蒲田にある人気のラーメン店です。

キノコに魅力にひかれた店主がオープンしたお店で、トッピングにはキノコを揚げて作った特製のキノコフレークが使われているのが特徴の一つです。

中でも今赤いお取り寄せした「麺場voyage 帆立キノコ潮味」は生帆立から取ったスープに、岩ノリ等の磯の風味、キノコの芳醇な旨みを足した絶品の塩ラーメンとのこと。
ラーメン情報雑誌の「TRYラーメン大賞2013-2014」版で表紙を飾り、塩部門第1位を獲得したこともあるラーメンです。

リアル店舗の情報については宅麺.comに書かれてる内容の受け売りになるので省略します。詳しくは、麺場voyage 帆立キノコ潮味 のページをご覧ください。

梱包・包装

 

宅麺_10個_2020-06-05-17.22

宅麺のラーメンが届きました。
「要冷凍」のクール便で運んできてくれました。

それでは早速オープン!
箱の中にはお待ちかねのラーメンセットが入っていました。

今回は10種類の宅麺のラーメンを注文したので一気に10袋届きました。

今回はその中から「麺場voyage 帆立キノコ潮味」を調理して食べたいと思います。

パッケージ

パッケージ_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

箱から「麺場voyage 帆立キノコ潮味 」を取り出してみました。

簡易的な包装で好感度アップです。

一袋は1食1人前です。

袋の上には賞味期限。
到着日から約1か月ちょっとくらいかな。

入っているもの

入っているもの_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

袋の中には麺とスープ(チャーシュー入り)、具材が入っていました。

チャーシューはスープと一緒に入っています。
スープごと湯煎にかけて解凍します。

具材はいろいろと豊富で、キノコフレークとあらかじめ混ぜられている岩ノリとホタテの香味油がありました。

岩ノリは自然解凍させます。
香味油は丼に根等を入れて温めて解凍させてトッピングします。

概要・調理方法

概要・作り方_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

麺やスープと一緒に商品説明や作り方の書かれたパッケージの紙が同封されています。

表側にはおいしそうな完成写真と共に「入っているもの」「必要な道具」「オススメトッピング」が記載されています。
袋を開ける前にこの辺りを確認して材料を揃えてから作ると失敗なく作れると思います。

後は大まかな調理時間やお店の店主オススメの食べ方やお店の紹介がされていました。

裏面には作り方や作るときのコツが記載されています。
ここを見ながら作っていこうと思います。

オススメトッピングを準備

届いた商品は麺とスープ(チャーシュー入り)、キノコフレーク入り岩ノリ、帆立の香味油でした。
パッケージ写真のような野菜は自分で用意します。

作り方の紙に書かれていたオススメトッピングを参考に野菜を用意しました。

今回用意したのは次の4つです。

  • 七味
  • 青ネギ
  • 玉ねぎ(みじん切り)

玉ねぎはみじん切りに刻みます。

青ネギは最初からカットされているきざみネギを使用しました。

そんな感じでお手軽食材も使いつつ、でも、可能な限り調理手順に忠実に作っていきたいと思います。

宅麺の「麺場voyage 帆立キノコ潮味」のレシピ

カテゴリ
ラーメン
準備時間
5分
調理時間
10分
合計時間
15分

おすすめトッピングを盛り付ける_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

宅麺の「麺場voyage 帆立キノコ潮味」を調理します。調理手順に書いているとおり基本に忠実に作ってみました。

材料(1人分)

  • 宅麺の「麺場voyage 帆立キノコ潮味」
    1点
  • 七味
    お好みで
  • 青ネギ
    少々
  • 玉ねぎ
    少々

作り方

1. トッピングの準備

オススメトッピング_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

玉ねぎはみじん切りに刻みます。
青ネギは最初からカットされているきざみネギを使用しました。

2. 具入りスープを湯煎にかける

スープを湯煎する_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

鍋にお湯を沸かします。
沸騰したらスープの袋を封を切らずに入れて10分ほど湯煎で温めます。

ホタテの香味油を解凍する_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

香味油はお湯を入れた丼の中に封を切らず中に入れて湯煎で解凍します。

3. 麺を茹でる

鍋に麺を入れる_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

別の大きめの鍋にお湯をたっぷり沸かします。
沸騰したら袋から麺を取り出して鍋に投入します。
麺をほぐしながら1分~2分ほど茹でます。
今回は1分程茹でています
お好みの固さで調整してください。

麺をざるにあげる_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

茹で上がった麺はざるにあげてよく湯切りします。

4. 盛り付け

器にスープを入れる_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

小鍋で沸騰直前まで温めたスープを器に注ぎます。

湯切りした麺を器に盛りつけます。

器に麺と具材を入れる_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

この上に温めておいた香味油と自然解凍させた岩ノリを飾ります。

さらに最初に準備していた青ネギ、玉ねぎをトッピングしたら完成です。

購入についてはこちら

麺場voyage 帆立キノコ潮味の完成

おすすめトッピングを盛り付ける_麺場voyage_帆立キノコ潮味_2020-06-22

麺場voyage 帆立キノコ潮味 のページを意識して盛り付けてみました。

それでは早速食べてみたいと思います。

食べた感想

ホタテにキノコってどんな感じなの!?とちょっと気になりつつ不安もあったのですが、一口食べた瞬間その不安は吹き飛びました。

黄金色にキラキラと輝くスープ。
仕上げのトッピングでホタテの香味脂の具材を入れたからなのもあるのでしょうが、帆立のいい香りのするスープです。
普通の魚介系のスープよりもホタテ感がものすごく強くて、ラーメンのスープと言うより、ホタテスープ単体としても全然ありなくらい香りが良くてあっさりとしたスープです。

とは言ってもラーメンのスープ。
帆立の香味油が入ることで油由来のテカテカした感じと濃厚さが出ています。
ただのあっさりじゃなく、しっかり食べ応えのあるラーメンのスープとなっているところ、かなり気に入りました。

気になるキノコはフレークとなって岩ノリと一緒にトッピングされていました。
思っていたほど香りが強くなく、ホタテのスープと喧嘩することもなくいい感じに中和しています。
しゃくしゃくとした食感が美味しかったです。
岩ノリは少しスープでふやけたところを食べるといい感じで好みの食感でした。

麺はだいぶ細麺です。
例えるなら素麺くらい。
この細めのストレート麺があっさりとしたホタテのスープとよくなじんでのど越し良く食べやすいラーメンに仕上がっているように思います。
本当、スルスルすすれちゃいます。

気づけばきれいに完食です。
あっさりとしていて食べやすく、上品なうまさと塩気のバランスが何とも言えない一杯でした。
おいしかったです。ごちそうさまでした。

購入についてはこちら

作ってみての感想

湯煎して、麺を湯がいて、盛り付けたら終わり。
とても簡単です。

今回、麺の茹で時間が1分ととっても短かったです。
かなり細麺だからなのかな。

茹で上がったら時間との勝負ということもありいかに手早くするかが大事だと思います。
いつもだったら、茹でている間に準備したりするのですが、今回は茹で時間がとっても短い。
なので、トッピングや器など、茹で上がったらさっとできるように茹でる前にある程度準備しておくのが良いなと実感しました。

今回のオススメトッピングは、七味、青ネギ、玉ねぎでした。
どれもスーパーに行けば簡単に手に入るものばかりです。
調理方法もカットして入れるだけです。

七味は用意したものの実際には使いませんでした。
無くても十分美味しいし、初めて食べるものだったので素材本来の味を楽しみたかったというのもあります。

青ネギは事前にカットされたきざみネギを買ってきたのでそれを使いました。
これだと一々刻む手間が省けてお手軽です。

さすがに玉ねぎはみじん切りにしましたが、量が少ないのでそんなに大変ではありませんでした。

玉ねぎみじん切りにするのがちょっと面倒なくらいで後は載せるだけ。
セットのラーメンも茹でるだけなので簡単お手軽に作れて、しかもめっちゃおいしかったです。

購入についてはこちら

宅麺を買ってみて

1000円なのでお店で食べるのよりはちょっと高いかな?でもそんなに変わらないかなって感じのお値段です。

食べログを見ると似たようなメニューがありました。
ただ、イベントで食べたもののようです。
一緒に掲載されている写真もちょっと違って見えます。
イベントなどの時の特別なメニューなのかなって思います。

でもお店で食べる価格帯としては参考になります。
お店の価格はだいたい800円 ~ 1,000円くらいです。

宅麺はこれにプラス送料がかかってきます。ただ何個かまとめて買うと1個当たりの送料もお得になります。今回のようにまとめて10種類くらい購入することが多いです。
なので、その分をプラスしたとしても、実際に東京まで行く交通費や宿泊費とか考えたら破格の値段になると思います。

またイベント用のメニューだとしたらなおのこと、自宅で居ながらにして食べれるというのはなかなかできないことだと思います。

麺場voyageは東京都蒲田にあるお店で、四国に住むあたくしにはなかなか訪問するのが難しいお店です。
実際に行ったことがないので、どのくらい再現できているか分からないですが、こうやって遠方にあるお店のラーメンを自宅で気軽に食べれるのはとても嬉しいことだと思いました。

購入についてはこちら

他にも準備しておきたいもの

トッピング集合_宅麺_2020-04-05

ラーメン屋さんでよく見かける具材を買ってきてみました。

ラーメンが足りなければ「替え玉」しようと思い、平打ち麺と太麺も用意していました。他には、おにぎりとか白ご飯、ギョーザ、冷凍チャーハンなんかも候補には入っていました。

ただ実際に調理して食べてみて、ラーメンのボリュームもなかなかあるので、十分にお腹がいっぱいになります。

購入についてはこちら