このページを印刷

宅麺の「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」を調理してみました / ラーメンの通販

20200609_b_買ったもの_宅麺_横浜中華そば維新商店-横浜中華そば

こんにちは、ゆり子です。
この記事では宅麺.comの「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」について掲載しています。

自宅で本格ラーメン、宅麺シリーズ第9弾は、横浜中華そば維新商店 横浜中華そば にしました。

こちらは宅麺.com の醤油ラーメン部門4位。(2020年6月時点)
宅麺初心者ということで、無難にランキング上位を試してみました。

横浜中華そば維新商店は神奈川県横浜にあるお店です。
東京目黒にありミシュランガイドにも掲載される人気店「麺や維新」のセカンドブランドとしてオープンしたラーメン店です。

看板メニューの「横浜中華そば」は、昔ながらの中華そばの趣を残しつつ、よりブラッシュアップしたラーメンとのこと。
美味しそうでとても楽しみな一杯になりそうです。

横浜中華そば維新商店 横浜中華そばについて

▲の写真は宅麺.comより

こちらの写真は宅麺.comに掲載されている商品写真なのですが、食べログに投稿されている写真を見ると器も盛り付けも同じなので、お店の写真のようですね。

大きなチャーシューにナルト、ネギ。
奥には長ーいメンマが乗っています。

醤油の濃い色のスープが美味しそうですね。
所々に背脂が浮いており、コクのありそうなスープです

店舗情報

店舗名
横浜中華そば維新商店(ヨコハマ チュウカソバ イシンショウテン)
所在地
〒220-0004 神奈川県横浜市 西区北幸2丁目10−21 (MAP)
WEBサイト
食べログ 宅麺.com

横浜中華そば維新商店は神奈川県横浜にある人気店です。

こちらのお店は、東京目黒にありミシュランガイドにも掲載される人気店「麺や維新」のセカンドブランドとしてオープンし、瞬く間に行列店となったお店です。

「横浜中華そば」が看板メニューで、濃口醤油と背脂のコクが病みつきになると人気のラーメンです。

リアル店舗の情報については宅麺.comに書かれてる内容の受け売りになるので省略します。詳しくは、横浜中華そば維新商店 横浜中華そば のページをご覧ください。

梱包・包装

宅麺_10個_2020-06-05-17.22

宅麺のラーメンが届きました。
「要冷凍」のクール便で運んできてくれました。

それでは早速オープン!
箱の中にはお待ちかねのラーメンセットと宅麺.comからのお手紙が入っていました。

今回は10種類の宅麺のラーメンを注文したので一気に10袋届きました。

今回はその中から「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」を調理して食べたいと思います。

パッケージ

パッケージ_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

箱から「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば 」を取り出してみました。

簡易的な包装で好感度アップです。

一袋は1食1人前です。

袋の上には賞味期限。
到着日から約1か月ちょっとくらいかな。

入っているもの

入っているもの_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

袋の中には麺とスープ(チャーシュー、メンマ入り)が入っていました。

チャーシューとメンマはスープと一緒に入っています。
スープごと湯煎にかけて解凍します。

概要・調理方法

概要-作り方_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

麺やスープと一緒に商品説明や作り方の書かれたパッケージの紙が同封されています。

表側にはおいしそうな完成写真と共に「入っているもの」「必要な道具」「オススメトッピング」が記載されています。
袋を開ける前にこの辺りを確認して材料を揃えてから作ると失敗なく作れると思います。

後は大まかな調理時間やお店の店主オススメの食べ方やお店の紹介がされていました。

裏面には作り方や作るときのコツが記載されています。
ここを見ながら作っていこうと思います。

賞味期限・保存方法

賞味期限は袋の上の方に賞味期限シールが貼ってあります。
宅麺.comの商品ページによると発送から40日になっています。

保存方法は要冷凍で、配送時もクール便で届きます。
届いたらすぐに冷凍庫に入れます。

いくつかまとめて注文するときは、あらかじめ冷凍庫内の空きスペースを確保しておいたほうが良いですね。

オススメトッピングを準備

届いた商品は麺とスープ(メンマ入り)、チャーシューのみでした。
パッケージ写真のようなトッピングは自分で用意します。

作り方の紙に書かれていたオススメトッピングを参考に野菜を用意しました。

今回用意したのは次の2つです。

  • ねぎ
  • ナルト

ネギは最初からカットされているきざみネギを使用しました。
ナルトは薄くスライスして使います。

そんな感じでお手軽食材も使いつつ、でも、可能な限り調理手順に忠実に作っていきたいと思います。

宅麺の「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」のレシピ

カテゴリ
ラーメン
準備時間
5分
調理時間
10分
合計時間
15分

横浜中華そば維新商店

宅麺の「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」を調理します。調理手順に書いているとおり基本に忠実に作ってみました。

材料(1人分)

  • 宅麺の「横浜中華そば維新商店 横浜中華そば」
    1点
  • ネギ
    適量
  • ナルト
    数枚

作り方

1. トッピングの準備

オススメトッピング_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

ナルトを薄くスライスします
ネギは最初からカットされているきざみネギを使用しました。

2. 具入りスープを湯煎にかける

スープを湯煎する_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

鍋にお湯を沸かします。
沸騰したらスープの袋を封を切らずに入れて10分ほど湯煎で温めます。

3. 麺を茹でる

麺を茹でる_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

別の大きめの鍋にお湯をたっぷり沸かします。
沸騰したら袋から麺を取り出して鍋に投入します。
麺をほぐしながら5~6分ほど茹でます。
今回は5分程茹でています
お好みの固さで調整してください。

茹で上がった麺_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

茹で上がった麺はざるにあげてよく湯切りします。

4. 盛り付け

器にスープを入れる_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

湯煎で温めたスープを器に注ぎます。

麺を入れ具材を乗せる_横浜中華そば維新商店_横浜中華そば_2020-06-07

湯切りした麺を器に盛りつけます。

さらに最初に準備していたねぎ、ナルトをトッピングしたら完成です。

横浜中華そば維新商店 横浜中華そばの完成

横浜中華そば維新商店

横浜中華そば維新商店 横浜中華そば のページを意識して盛り付けてみました。

それでは早速食べてみたいと思います。

食べた感想

濃いめの醤油スープに背脂がたっぷり浮いています。
ネギとナルトも乗せていただきます。

スープはかなり濃いめの醤油味。
生姜が入っているようで、濃口の醤油の奥で生姜の辛さと香りが主張しています。
スープ自体は濃いめですがショウガが入ることで後味がすっきりとします。

商品説明のところには「濃口しょうゆの切れと背脂の甘みを堪能できるスープ」とあり、この濃いめのスープがお店の特徴のようです。
ただ、濃い口しょうゆ独特の風味のスープがちょっと食べ慣れず、好みの味ではなかったです。

麺は太麺です。
パッケージを見ると手もみ麺とのことで、程よくちぢれた麺にスープと背脂がよく絡みます。

麺の食感はモチモチとしています。
濃いめのスープに負けないくらいの食べ応えとモチモチ食感で存在感のある麺です。
このモチモチ食感は美味しくて、麺はかなり好みのものでした。

メンマが大きくてびっくりしました。
穂先までつながったながーいメンマはとっても柔らかくて美味しかったです。

作ってみての感想

湯煎して、麺を湯がいて、盛り付けたら終わり。
とても簡単です。

今回のオススメトッピングは、ネギとナルトでした。
どちらもスーパーに行けば簡単に手に入るものばかりです。
調理方法もカットして入れるだけです。

ネギはあらかじめ刻んであるものをスーパーで買ってきました。
余ったネギは冷凍しておくとしばらく持ちます。
チャーハンやうどんや料理の彩りに使えます。

なるとは1本買ってきたので結構余っています。
こちらはかまぼこみたいなものだし、汁物に入れたり刻んでチャーハンに混ぜたり、そのまま噛り付いてビールのあてにもなります。

宅麺を買ってみて

950円(税別)なので、お店で食べるよりちょっと高めでしょうか。

宅麺だとプラスで送料も掛かるんですが、いくつかの商品を同時購入して送料を抑えたり、何より実際のお店に行くと電車代とか自動車代が掛かってくるので、金額面ではそんなに高いものでもなく妥当かなと思います。

そして肝心の味のほうもかなりクォリティが高いです。
宅麺の他のラーメンをいくつも食べてきた感じとしては、お店の味の再現度はかなりのものかと思います。

ちなみに食べログを見るとお店にも同じメニューがあり、お値段は690円です。

宅麺だと自分で調理しないといけませんが、そんなに難しいものでもなく、美味しいラーメンができていく様子をリアルに見れることができてとってもワクワクして楽しいし、食欲が掻き立てられます。

あの名店のラーメンを自分が作っていると錯覚できるドキドキ体験ができます。

特徴的なスープは好みが分かれるかもしれませんが、モチモチの麺が美味しいです。
多少お高いけど、何かのご褒美ラーメンとしてお取り寄せするのはありかなって思います。

横浜中華そば維新商店は横浜にあるお店で、四国に住むあたくしにはなかなか訪問するのが難しいお店です。
行ったことないので、どのくらい再現できているか分からないですが、こうやって遠方にあるお店のラーメンを自宅で気軽に食べれるのはとても嬉しいことだと思いました。

購入ページはこちら

横浜中華そば維新商店 横浜中華そば

他にも準備しておきたいもの

トッピング集合_宅麺_2020-04-05

ラーメン屋さんでよく見かける具材を買ってきてみました。

ラーメンが足りなければ「替え玉」しようと思い、平打ち麺と太麺も用意していました。他には、おにぎりとか白ご飯、ギョーザ、冷凍チャーハンなんかも候補には入っていました。

ただ実際に調理して食べてみて、ラーメンのボリュームもなかなかあるので、十分にお腹がいっぱいになります。

こちらは本記事でも使用しているのと同じ丼です。
「ザ・ラーメン鉢」といった感じでラーメンって言えばこの丼ですよね。
宅麺シリーズをご覧のとおり特に不満もなく重宝しております。