アイキャッチ_飲むヨーグルト_本体にセットする_ヨーグルトメーカー_2022-03-18

ヨーグルトメーカーの機能が気になる

ヨーグルトメーカーが気になっている方の中にはどんな機能があるの?簡単に使えるの?と言った機能面が気になっている方も多いかと思います。
ざっくりとですが、ヨーグルトメーカーはだいたいこんな機能があります。

  • 自動メニュー機能
  • 温度設定機能
  • タイマー機能

自動メニュー機能は定番の人気メニューがボタン一つで選択可能になります。
温度設定機能は細かな温度設定ができ、作れるメニューの幅が増えます。
タイマー機能は時間設定ができ、オフタイマーがついているので電源に切り忘れや過発酵を防ぐことができます。
発酵が進み過ぎると酸っぱさが出て美味しくなくなるものもあります。
他にも専用容器やスプーン、水切りカップなどの付属品もついてきて、便利で使いやすいものが多いです。

ヨーグルトメーカーと一口に言ってもいろんなメーカーからいろんな種類のヨーグルトメーカーが出ており、メーカーや機種、品番によって多少の違いはあるかもしれませんが、多くのヨーグルトメーカーに備わっている機能について詳しくご紹介したいと思います。

本体についている機能

ヨーグルトメーカー本体に備わっている機能を紹介します。
メーカーや機種によって多少の違いがあります。

自動メニュー機能

定番の人気メニューがボタン一つで選択可能になります。 プレーンヨーグルトや甘酒、飲むヨーグルトなどが、材料入れてセットしたら細かい温度設定や時間設定をせずともピッとボタンを押すだけです。 これはかなりお手軽ですね。 このメニューは何度で何時間っていうのを一々覚えなくて良いし、忘れたらその都度メニューブックやレシピ本を確認する手間も省けます。 メーカーや機種によってこの自動メニューで作れる数や種類に違いがあるので、購入する際は自分が良く作りそうだなと思うものが自動メニューに入っているものを選ぶといいかなって思います。

温度設定機能

ヨーグルトといっても、カスピ海ヨーグルトなら低めの27℃、プレーンヨーグルトは約40℃など、ヨーグルトの種類によっても発酵温度には違いがあります。 さらに種菌にするヨーグルトに品種やその時の気温、湿度などで微妙に温度は変わってきます。 なので細かな温度設定機能がないと、おいしいヨーグルト作りができません。 さらに、ヨーグルトよりも高めの温度設定もできるものも多くあります。 そうなってくると約45℃で納豆が作れ、甘酒を作るなら60℃、70℃近くまで設定できる機種なら、低温調理器としてローストビーフなどを作るのにも利用できます。 料理の幅も広がりますね。

タイマー機能

時間設定ができ、オフタイマーがついているので電源に切り忘れや過発酵を防ぐことができます。
発酵が進み過ぎると酸っぱさが出て美味しくなくなるものもあります。
なのでうっかり切り忘れて失敗したってことがないオフタイマー機能は便利です。 また設定できる時間もメーカーによってさまざまではあるのですが、大体が1~48時間まで設定できるようになっています。
最長2日も発酵させ続けられるので発酵時間の長いメニューにも使用でき、いろんな料理が楽しめます。

付属品

ヨーグルトメーカーにセットでついてくる便利な付属品を紹介します。 メーカーや機種によっては付属されていないものやついてくる個数が違ったりします。

専用容器

ヨーグルトだけだと牛乳パックのまま作れるので使うことあるのかなとも思うのですが、これが結構使えます。
何に使うかと言うと、甘酒やフルーツビネガーなどほかの発酵食品を作ったり、ローストビーフや温泉卵などの低温調理をするときに使用します。
この容器があるだけで作れるものの幅が広がります。
さらにはそのまま冷蔵庫に入れれる保存容器にもなります。

メーカーによってサイズや形が若干違いますが、開け口の大きいものが使い勝手がよく便利です。
慣れてきていろいろ作るようになったら、容器だけ別売りしているものもあるので追加購入してもいいかもしれませんね。

スプーン

ヨーグルトを作るときだと、種菌となる市販のヨーグルトと牛乳を混ぜ合わせるのに柄の長いスプーンやマドラーが必要になります。
普通のカレースプーンだと、牛乳パックの底までは届きにくいのでそれ用のものがあると便利です。
これも付属品として付いてくることが多いです。
スプーンの部分が計量スプーンになっているものもあり便利な道具です。

クリップ

これは発酵時に牛乳パックの口を閉じておくために使うものです。
メーカーによってはクリップだったり、上からかぶせるキャップのようなものだったりします。
余計な雑菌や水滴の混入を防いだりするのに必要なものです。

水きりカップ

こちらはギリシャヨーグルトを靴るのに必要なパーツです。
この水きりカップにコーヒーのペーパーフィルターなどををセットして、出来上がったヨーグルトを漉せば手作りギリシャヨーグルトの完成です。