このページを印刷

かき氷カフェ「ひむろ」に行ってきました。 / 三豊市仁尾町

かき氷カフェ「ひむろ」_店舗外観

こんばんは、ゆり子です。
この記事は三豊市仁尾町の「かき氷カフェひむろ」について書いています。

かき氷専門のカフェで暑い時期だけでなく年中美味しいかき氷が食べられるお店として人気のカフェです。

また、お店の目の前は日本のウユニ塩湖として有名な父母ヶ浜。
綺麗な絶景を前にして冷たいかき氷を食べるのもいいですね。

かき氷のシロップには地元三豊市のフルーツや食材を中心に使ったメニューがたくさんあります。
その時期の旬のものを使った期間限定メニューもあり、各シーズン毎にワクワクします。

それでは早速レッツゴー!

KAKIGORI CAFE ひむろについて

かき氷カフェ「ひむろ」_入り口

※情報は2019年7月13日時点の内容です。変更や訂正はご意見BOX / 伝言板からお知らせください。

名称
KAKIGORI CAFE ひむろ (カキゴオリ カフェ ヒムロ)
料理の種類
かき氷
所在地
〒769-1404 香川県三豊市仁尾町仁尾乙202
営業時間
11:00~18:00
定休日
毎週 月曜日 火曜日
電話番号
0875-82-2101 (カーナビ用)
参考予算
~ 1,000円
ホームページ
ホットペッパー 食べログ
WEBサイト
公式サイト
KAKIGORI CAFE ひむろ

かき氷専門のカフェ

店名にかき氷カフェとあるように「ひむろ」はかき氷専門のカフェです。
メニューはほとんどかき氷です。
1年中営業されているので夏の暑い時期だけでなく、年中かき氷を楽しむことができます。

地元食材を使ったメニュー

かき氷のメニューには地元産のフルーツや食材で作ったシロップが使われているものがいろいろあります。
三豊市財田町で作られているボイセンベリーというフルーツや三豊市高瀬町の名産の緑茶に手作りの練乳を合わせたものなどがありました。
また季節限定で食べられるフルーツのかき氷もあり、その時の地元産の旬のフルーツで作られたかき氷を楽しむことができます。

すぐ隣は父母ヶ浜

カフェのすぐ隣には日本のウユニ塩湖として有名な「父母ヶ浜(ちちぶがはま)海岸」が広がっています。
客席の一部からもその風景を眺めることができます。
夕方ごろに潮の満ち引きや天候などの条件がそろうと、ウユニ塩湖の天空の鏡のような写真が撮れます。
絶景フォトの撮り方やポイント、タイミングなどは三豊市観光交流局のホームページで紹介されてますので、よかったら参考にしてみてください。
三豊市観光交流局のホームページ

かき氷カフェ「ひむろ」で食べたかき氷

かき氷カフェ「ひむろ」で食べたかき氷を紹介します。

いろんな種類のかき氷やフレッシュジュースなどが提供されていました。
ここではあたくしや旦那はんが食べたものをその都度紹介していきます。

過去にも訪問しており、その時に食べたものも併せて紹介します。

高瀬緑茶

かき氷カフェ「ひむろ」_高瀬緑茶

高瀬抹茶です。(2019年7月訪問)

お茶所三豊市高瀬町の高瀬茶を使った緑茶のシロップがたっぷりかかっています。
その上には甘い練乳とふっくら甘く炊いたあずきが乗っています。

香りが良くてほろ苦いお茶の風味がたまりません。
甘いあずきとミルクとの相性は間違いないやつです。

食べ進めていくと中からもあずきが出てきて、最後まであずきと緑茶のマリアージュを楽しむことができるかき氷でした。

仁尾レモン

かき氷カフェ「ひむろ」_仁尾レモン

仁尾レモンです。(2019年7月訪問)

期間限定のメニューです。

さらさらの氷が器にたっぷり盛られて巨大な氷の山を作っています。
氷の山の上にはちょこんとスライスされたレモン。

仁尾町のレモンと蜂蜜で作ったはちみつレモンシロップがサッパリとしていて夏の暑い日に食べるのにはピッタリな感じです。

底のほうにはヨーグルトがあり、食べ進めていくと味変します。
酸味が効いておいしかったです。

はちみつレモン

2017-07-13 ひむろ2

はちみつレモンです。(2017年7月訪問)

ボイセンベリー

2017-07-13 ひむろ5

ボイセンベリーです。(2017年7月訪問)

でかい!!
器からあふれんばかりのボリューム( *´艸`)

さっそくいっただっきまーす🍴

冷たーい💦でもおいしー(⋈◍>◡<◍)。✧♡

氷の冷たさとボイセンベリーの甘酸っぱさとミルクの甘さが口いっぱいに広がって幸せ~ヾ(≧▽≦)ノ
結構ボリュームあったのですが、気づいたら完食しておりました!!笑

メニューと注文方法

メニューについて

メニューは大きく分けてかき氷とドリンクだけです。
かき氷は定番のメニューが5種類と期間限定のメニューが数種類あります。

ドリンクはコーヒーや紅茶に加えて期間限定で、その時の旬のフルーツを使ったミックスジュースがありました。

注文方法について

お店に入ったら、注文をして、お会計をして、席に座って、食べて、ごちそう様をするタイプのお店です。

簡単に入店から退店の流れをまとめてみました。

  1. 入ってすぐのカウンターで注文をします
  2. お会計をします
  3. 空いてる席に座ります
  4. かき氷が運ばれてきます
  5. それではいただきます!
  6. ごちそう様でした!

初めての来店で手順がわからないときはお店の方に聞いたり前の人のやり方を見てマネするといいと思います。

かき氷カフェ「ひむろ」のお店の雰囲気

かき氷カフェ「ひむろ」_店内

店内は明るくゆったりとしたスペースのカフェです。
写真には写っていませんがカウンター席もありました。

窓が大きくとられているので、店内の席からも父母ヶ浜を眺めることができます。

かき氷カフェ「ひむろ」_店内

注文カウンターの反対側、店内中央のテーブルには三豊市の特産品のお土産コーナーが設置されています。

父母ヶ浜のロゴの入った雑貨や三豊市の特産食材を使ったジャムなどの加工食品やレアシュガーが販売されています。
ちょっとしたお土産にいいですね。

店内のお冷はセルフで、同じく中央のテーブルにおしゃれなウォーターサーバーと紙コップが置かれています。
レモンが入っているフレーバーウォーターでした。

ひむろのスグ隣は父母ヶ浜

2017-07-13 ひむろ4

ちょうどカフェの裏っ側が海になっていて海水浴場が広がっております。

ここの海水浴場「父母ヶ浜(ちちぶがはま)海水浴場」っていうんですけど、とってもきれいな海水浴場です。
特に夕方ごろの夕陽が見れる時間帯は夕陽と浜辺のコントラストが美しく、「日本の夕陽百選」にも選ばれるほど。
海辺に座って、波音を聞きながら一面が赤く染まる夕陽の世界を見ていると息をのむほど綺麗です。

アクセス

かき氷カフェ「ひむろ」_観音寺方面から

▲観音寺市のほうからやってきたらこの方向。

左手、青い車のところがお店です。
「父母ヶ浜」の看板のスグ向こうがお店の駐車場です。

かき氷カフェ「ひむろ」_詫間・三野方面から

詫間、三野のほうからやってきたらこの方向。

信号のところから右に入ったところが駐車場です。

ここの信号は三叉路になっていて、奥のほうに向かえば観音寺へ、左の道に行けば豊中のほうにつながっています。

駐車場

かき氷カフェ「ひむろ」_駐車場

お店のすぐ隣に駐車場があります。

駐車場にはお店の看板もありますので分かりやすいと思います。